記事

年間500万人突破か!? 中国人“訪日リピーター”の人気高まる観光地 - 「爆買い中国人」は何を買っているか【前編】

ジャーナリスト 中島 恵=文 鍋田広一(福岡)、本田 匡(旭川)=撮影

出国者数は1億人を突破。いま中国は空前の「海外旅行ブーム」だ。10月1日の「国慶節」から始まった大型連休には、約40万人が訪日したという。だが、「爆買い」のパターンは変わりつつある。中国通の筆者が探る最新事情とは――。

法改正で大型船なら「ビザ」が不要になった

8月下旬の金曜日、午前7時。博多港に巨大クルーズ船が到着していた。船名は「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」。2014年11月に就航したばかりの新造船だ。海面からの高さは約60メートル。20階建てのビルが300メートル以上の幅で連なっている様子をイメージしてほしい。最大乗客定員4905人、大きさでは世界第2位。今回は上海を発着地とする4泊5日のクルーズで、博多港が唯一の寄港地である。

船の横にはカラフルな観光バスが並んでいる。会社名はバラバラだ。近隣だけでは必要台数を確保できないからだろう、熊本や大分など九州全域のバス会社の名前が確認できた。

「携程(中国の旅行会社)の方、こちらですよー」

画像を見る
下船してきた団体客を案内する観光ガイドも中国人だ

中国人ガイドの女性が、大きなしゃもじのような看板を手に、下船した乗客を観光バスに誘導していく。乗客の多くは団体旅行客だ。中国人の団体旅行ではマナーの悪さが指摘されることも少なくないが、クルーズ船の乗客は身なりも整っており、行列を乱す様子もない。

博多港では、入国手続きをスムーズにするため、今年5月に「クルーズセンター」を開いたが、この船は大きすぎるためセンターのある「中央埠頭」が使えず、貨物用の「箱崎埠頭」に着岸している。施設がないため入国審査は船内で行われているが、地上より手間がかかり、この日は乗客も多いため、全員の入国手続きには3時間程度かかるという。

今、こうした大型クルーズ船による中国人の団体旅行が急増している。国土交通省のまとめによると、14年にクルーズ船で入国した外国人旅客数は前年比2.4倍の約41.6万人。外国籍クルーズ船の寄港回数も654回でいずれも過去最高となった。このうち博多港は年間19回(13年)から99回(14年)へと急増し、全国の港で最も多くのクルーズ船を受け入れている。今年はさらに増え、約270回に達する見込みだという。

福岡市港湾局の南里隆幸港湾振興部長は「入管法の改正で、ビザが不要になったのも要因」と話す。

「今年1月から、法務大臣が指定するクルーズ船を対象に『船舶観光上陸許可』制度が始まり、訪日中国人はビザが不要になりました。寄港回数が増えるだけでなく、客船の大型化も進んでいます。需要は旺盛で、2年後の予定を押さえようとする船会社もあります。博多港では対応できる岸壁は2つしかないため、岸壁の増設が喫緊の課題になっています」

リンク先を見る
グラフを拡大
中国人は「日本での買い物」が大好き


訪日中国人の目的は何か。観光庁の「訪日外国人消費動向調査(15年4-6月期)」によると、中国人では「ショッピング」と答えた人が27.7%で最も多かった。その消費行動は「爆買い」と呼ばれるほど旺盛で、今年2月の「春節」では過去最大の訪日中国人が押し寄せた。同調査によると、14年、訪日中国人の消費額は合計で5583億円。1人当たりの金額では約23万円にもなる。約2兆円の旅行消費のうち4分の1以上は中国人によってもたらされている。

観光の定番は東京から大阪までの「ゴールデンルート」だ。成田空港や羽田空港から入国し、銀座と浅草、箱根と富士山を観光し、名古屋で1泊。新幹線に乗って京都を訪ね、大阪から出国する。この4~6日間のルートは、10年以上前からある定番で、初めて日本に来た中国人の多くがこのルートを選ぶ。前出の観光庁調査によると訪日中国人のうち「日本は初めて」は74.1%だった。一方で、25%以上の「リピーター」は、違うルートでの観光を希望している。その多くは都市部に住む富裕層である。

都市部の訪日客は6割超がリピーター

三菱総合研究所が今年8月に北京、上海、広州で訪日経験のある中国人を対象に調査したところ、「日本は初めて」は35.8%で、6割以上が2回以上日本を訪問しているリピーターだった。なかには6~9回と回答した人が2.4%もいた。リピーターが増えれば、観光の目的や内容も変化していく。三菱総研の研究員で、北京出身の劉瀟瀟氏は「中国人の間では、北海道の人気が高まっています」と話す。

リンク先を見る
グラフを拡大
いまや旅行消費の4分の1以上は中国人


「北海道を舞台にした08年の人気映画『非誠勿擾』(邦題『狙った恋の落とし方』)の影響で、一気に知名度が高まりました。富裕層を中心に、都会ではなく、自然の豊かな場所で癒やされたいと考える人も増えています。北海道を訪ねた経験のある中国人はまだ少数派。『行った人が少ない』ことが中国人にとっての魅力になっています」

北海道への需要はこの1~2年で爆発

北海道の空の玄関口、新千歳空港では昨年、台湾から22.7万人、香港から7~9万人、そして中国本土からは7.3万人が入国した。このうち中国本土からの入国者は前年比2.4倍にもなった。現在では中国から週10便の定期便が飛んでいる。

この勢いは道内のほかの地域にも広がっている。なかでも前年比484倍超を記録したのが旭川空港だ。中国本土との定期便が就航した影響で、13年に33人だった中国人入国者が、14年には1万5990人にまで増えた。路線を開けば、その分だけ訪日中国人が増えるという状況なのだ。

旭川空港の運営会社の社長を務める西川将人旭川市長は「国際線ターミナルの新規建設も考えている」と話す。

「いまは空港の一部に仕切りを設けて対応していますが、余裕はありません。国際線の搭乗待合室は約200席しかなく、いまは1機分だけで満席になってしまう。中国本土への誘致は5年ほど前から進めていましたが、この1~2年で需要が急激に高まっています」

旭川空港を利用する訪日中国人は、美瑛や富良野の自然を楽しむほか、日本人にも人気のある「旭山動物園」を訪ねるのが定番だという。同園は動物の自然な動きが観察できる「行動展示」の先駆け。自然や動物には言語を超えた魅力もある。中田健裕副園長は「中国人に特に人気なのはホッキョクグマとペンギン」だと話す。

「日本人よりも関心の強さがはっきりしている印象があります。現状では外国人の来場者は1割程度。語学が堪能な職員も数人いますが、マイクアナウンスや手書きの解説パネルは日本語だけです。中国人ガイドに案内をお願いしているのが現状ですね」

リンク先を見る
グラフを拡大
年間500万人へ


空港の利用客が増えれば、地元にも波及する。出国する空港の近くで土産品を「爆買い」するからだ。旭川市の中心市街地では、今年6月、地元の百貨店・西武旭川店に「免税手続き一括カウンター」を設置。商店街の11店舗では、個々の店での事務手続きが不要になり、カウンターで一括処理できる。今年4月に国が整えた制度で、旭川は岡山に続き全国2例目。取り組みの早さは、期待の高さからだろう。

日本政府観光局の発表によると、14年の訪日外国人旅行者数は1341万人で、前年比で300万人以上増えた。なかでも訪日中国人は131万人から241万人と最も伸び幅が大きかった。去年の段階では国籍別で第3位だが、今年は年間500万人を超え、国籍別で1位になると見込まれる。

彼らの消費行動が「爆買い」と呼ばれるのは、金額の大きさに加えて、その売れ筋が偏っているからでもある。

▼博多港:外国クルーズ船の寄港が日本最多

リンク先を見る
(1)世界第2位の大型客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」。巨大なため岸壁の長さもギリギリだという。
(2)船の横には観光バスがずらりと並ぶ。
(3)福岡市港湾局の南里隆幸港湾振興部長。

▼旭川空港:訪日中国人が前年比400倍以上に

リンク先を見る
(1)国際線出発ロビーの様子。次の出発まで2時間近くあったが混雑気味だった。
(2)搭乗待合室の売店にも10万円以上の炊飯器がある。
(3)垂れ幕も多言語対応。
(4)旭川空港ビルの社長を務める西川将人旭川市長。

▼旭山動物園:外国人率は1割、対応はこれから

リンク先を見る
(1)ホッキョクグマは目玉のひとつ。建物の出口には「ここは入口ではありません」という日中英の3カ国語で書かれた看板があった。
(2)円柱水槽で泳ぐアザラシ。360度の角度で観察できる。
(3)中田健裕副園長。

ジャーナリスト 中島 恵(なかじま・けい)
1967年生まれ。北京大学、香港中文大学に留学。新聞記者を経て、96年にジャーナリストとして独立。近著に『なぜ中国人は日本のトイレの虜になるのか? 「ニッポン大好き」の秘密を解く』(中公新書ラクレ)がある。

あわせて読みたい

「外国人観光客」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  2. 2

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  6. 6

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  7. 7

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  8. 8

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  9. 9

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  10. 10

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。