記事

BOEは利上げを諦めた?成長重視の路線に軸足を置く

為替千里眼、マイナス先行で始まった本日の東京株でしたが、結局後場には底堅さを見せつけ終わってみれば小幅反発、一方のダウ先はロンドン以降マイナス幅を拡大し、現状は-55ドルとこの後のNYでの展開に不安を示唆する展開となっております。ドル円はじわり下値を拡大しておりますが、それでもDayLowは79.70付近とフォロースルーなく停滞、ユーロやポンドも軟調展開で全体的に株安を背景とした回避動意が台頭しているような雰囲気です。今晩も特段材料性に乏しい中、手掛かりとなるのが各金融市場の動向を受けた参加者のリスクセンチメントというところかと思いますので、現状ダウ先のマイナスが先行している状況下では、一段の下落展開に備えた方が良いような気もしますが、各通貨とも方向性が定まっておりませんので、売るにせよ買うにせよ、なにか明確な共通テーマがほしいところかもしれません。

さて、1.64割れからショート追従で若干値幅が取れましたケーブルですが、欧州タイムではムーディーズによる英政府に対する財政赤字削減目標の徹底化が促され、さらにはその進捗によってはトリプルA格を失う恐れが指摘され、ケーブルは1.64Lowから1.63Midまで急落いたしました。1.63Midがデイリーの雲下限付近となるため、一段の下落に至るにはこの1.63Midを下抜ける必要がありますが、明日にはBOEレートアナウンスなども控えているため、やや神経質な状態が続いているといえます。今晩は10年債入札やベージュブックが注目されるところではありますが、明日にはECBおよびBOEの金利発表が控えておりますので、ある程度の調整的なフローも想定しつつも、この英経済およびポンド動向について占ってみたいと思います。

GBPUSD Daily
リンク先を見る

BOEのスタンスは5月のインフレレポートまでは十分にタカ派ではありましたが、目先では英国ならびに世界で景気減速の兆候が再び現れてきたことを受け、徐々にそのタカ派的なスタンスは後退してきているのが実情です。既に市場では7〜8月利上げという予想が大半だったものの、今では11月以降や最悪年内利上げは諦めた、といった見方も台頭しており、足元のCPIの上振れはあくまでも一時的として信認低下懸念を排除した政策スタンスを取る可能性が再び出てきております。ただし、BOEの見解には相当に気迷いが生じており、上述のとおり短期的なインフレ率予測は+5.0%に引上げたうえ、さらにインフレ率が2013年まで目標に戻らないという見解を示していることから、インフレバイアスの強まりは決して一時的ではないということをBOEそのものが示している訳で、なんだか言ってることが支離滅裂してしまっているのが実情です。

当然、市場参加者からすれば、数年先までターゲット内に戻らないとの見解を示しているにも拘らず、なぜ利上げを実施しないの?という疑問が生じるのが当然であり、BOEはある意味利上げのタイミングを逃してしまったという面もあります。当初は5月利上げというシナリオがメインでしたが、景気指標の予想下振れなどを背景に5月利上げは見送り、もたもたしている間にもCPIは月を追うごとに上昇し、BOEのキング総裁は本年中に5.0%近くまで上昇するとの見通しを述べるような有様、次のシナリオとなる7-8月利上げも一段の英国内景気の不透明感、マクロの鈍化などを背景に実現が難しくなってきているような雰囲気です。既に、BOEも市場参加者も利上げの必要性についてはコンセンサスとなっていると思われますが、実際に利上げに踏み切れる環境にない、というのが本音で、どの時点で利上げを実施できるかは足元のマクロ動向に聞いてくれ、というのが政策サイドの言い分かもしれません。

言うまでもなくPMI指数は鈍化、週末には鉱工業生産なども控えておりますが、消費者信頼感は目先悪化、奮わない労働統計とモーゲージ関連も依然低調です。スタンスとしては米国と類似している側面があり、財政面での再建計画はもちろん、自国通貨安と純輸出の増加を軸足においた他力本願的な政策スタンスを取っているため、インフレ懸念以上に足元の成長性を重視してると思われます。MPC内ではつい先日まで利上げ表が3票もあり、次月こそはという雰囲気すらありましたが、タカ派メンバーの一人も退任しておりますので、その利上げに対する温度感が一段と低下しているようだと素直にポンド売り要因、まぁ、レートアナウンス時に得票数の公表はなされませんので、明晩は据置きで何事もなく終了となる可能性が高いのですが、意表を突いて利上げ・・・なんてことも(笑)

とにかく明日はマーケットから目が離せないと思いますので、今晩は早めに休んで明日に備えたいところではあります。

では、この後も頑張りましょう!

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  4. 4

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

  10. 10

    学生転落 巻き添えの女性が死亡

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。