記事

「サッカー海外組300名」の中でも少ないGK ソロモン諸島やリトアニアでプレーした麻生選手に聞く - 森本茂樹

サッカー日本代表は、召集ごとにメンバーが変わるが、23名のうちおよそ半分がJリーグでプレーする国内組、残りの半分がイタリアやイングランド、ドイツなど世界のトップリーグでプレーする海外組である。

日本サッカーの「裏海外組」

 直近の代表戦は11/12と11/17に行われる「2018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選 兼 AFCアジアカップ UAE2019予選」である。

 11月5日に発表されたメンバーは、12名が国内組、11名が海外組だった。海外組と一括りにすると、日本のトップ選手を指す代名詞のようになっているが、裏海外組とも呼ばれるメンバーが大勢いるのをご存知だろうか。ヨーロッパはもとより、南米、アフリカ、アジアなどあらゆる大陸のサッカーリーグで300名ほどの日本人選手がプレーしている。

 ただ、その中でも、コミュニケーションが重要となるGKは非常に限られている。今回、大学で指導者の経験もありながら、ソロモン諸島でのプレーを経て、9月末までリトアニア2部のFKタクラス・タウラでプレーしていたGK麻生弘隆選手に話を聞いた。

画像を見る
FIFAランキングでは最高位が38のリトアニアサッカー代表チーム。現在は順位を落とし、123位となっている。(写真:リトアニアサッカー協会提供)

バルト三国リトアニアのサッカー事情

 リトアニアは、東ヨーロッパのバルト三国の中で最も南に位置し、人口は325万人。2004年にEUに加盟し、今年からユーロが通貨として使われている。スポーツではバスケットボールが最も盛んなスポーツで、オリンピックでは1992年のバルセロナから3大会連続で銅メダルを獲得している。

 リトアニアサッカー協会の Vaidotas Januškaに話を聞くと、まずリトアニアサッカーを取り巻く環境の難しさを教えてくれた。

 「1990年、リトアニアは当時のソビエト連邦から独立を宣言しますが、サッカーにとっては非常に難しい時期が続きました。スポーツの組織やシステムを作るにも、まさに一から始めなければなりませんでした。最初の15年以上は、サッカーに関連した不祥事が多いということで、スタジアムが破壊されるなど、新たな物事を積み重ねていくことよりも破壊されることの方が多くありました。そういう訳で、本当の意味でリトアニアサッカーがスタートしたのはこの10年のことで、まだまだ課題は山積みの状態です」

 FIFAランキングではリトアニアは現在123位(2015年11月5日発表)。209の国と地域によるランキングでは真ん中よりやや下がるポジションとなる。ちなみに日本は50位で、リトアニアの最高位は、2008年10月の38位。現在の日本代表よりも上となるポジションにつけていたこともあるわけだ。

 「2008年の代表チームの多くは1970年代から1980年代始めに生まれた選手から構成されていました。イタリアでプレーしたトマス・ダニレビシウスは代表チームのキャプテンを務めた長身フォワード。

 エドガラス・ヤンカウスカスはポルトガルのポルトで2003-2004シーズンにUEFAチャンピオンズリーグ優勝、デイヴィダス・シェンベラスはCSKAモスクワで2004-2005UEFAカップを獲得しました。彼らを中心とした多くの選手が当時ピークを迎えており、 さらには2007年のリトアニアリーグの経営状態は非常に良く、強化が図れた年でした。

 これら全てが代表チームにプラスとして作用し、2008年にFIFAランキングで38位となることができました。しかし、世代を継いで代表の強化を実現することは難しく、この時の主力選手は既に引退したか、引退に近づいているような状況です」

 現在リトアニアサッカー協会は2020年まで4つの柱で強化策を実施している。

 「グラスルーツ、プロリーグ、インフラ整備、それにサッカー文化。この4つを発展させることで、リトアニアサッカー協会はプロフェッショナルな組織へと変革し、サッカーがリトアニアで最も人気のあるスポーツになれるよう目指しています。

 現在の代表チームには、1980年代後半から1990年代始めに生まれた世代が台頭してきており、2013年にはU-19代表チームがUEFA U-19欧州選手権を戦いました。彼らのうち何名かはプロサッカー選手として成功を手にしており、リトアニアサッカーの希望の星となっています。ただ、リトアニアサッカーが世界で戦うためには、もう少し時間が必要になると思っています」

海外でのコミュニケーション

 そんなサッカーがまだスタートしたばかりのリトアニアだが、国内リーグは1部THE A Lygaが10チーム、2部リーグLyga 1が18チームからなる。

 麻生弘隆選手がプレーしたのは、リトアニア2部のFKタクラス・タウラだった。実はその麻生選手には、Jリーグでの経歴がない。日本では 北信越リーグのフェルヴォローザ石川・白山FCや岩手県の社会人チーム八幡平トーレゾールなどでプレー。

 22歳で一度現役を引退し、札幌国際大学でGKコーチを務めていたり、ステラミーゴいわて花巻でフットサルのゴレイロ(GK)としてプレーしたこともある異色のプレイヤーだ。2年前、オーストラリアの北東、パプアニューギニアの東に位置するソロモン諸島でプレーし、初めての海外リーグを経験した。

 「海外で感じるのは、やはり個の能力を求められるということですね。海外でプレーするには、何か一つでもスペシャルなものを持っていないといけない。特に一人で局面を打開する能力を求められると思います。

 あとは、どうチームメンバーとコミュニケーションをとるのか。私は、言葉の違いや文化の違いを受け入れて、その中で日本の良いところは残すような取り組みをしています。高校時代に短期留学したブラジルやソロモン諸島だと、積極的に話しかけてきてくれたので、比較的溶け込みやすかったのですが、リトアニアだと自分から積極的に話しかけたりしないと上手くいかないなど、コミュニケーションの取り方については、国によって様々だなと感じています」

 今シーズンはリトアニアの2部リーグに挑戦したが、海外でのプレーに対する気持ちも少しずつ変わってきているという。「20代前半までは、サッカーにモチベーションを置いていましたが、今はサッカーだけではなく、将来を見据え、人として成長できる海外で生活するということに重点を置いています。今しかできないことをやると言いますか、海外で暮らす手段としてサッカーがあるみたいな感じですね」

チャレンジし続けることの大事さ

画像を見る
ラトビアでテストを受けた繋がりで入団が決まったリトアニア2部FKタクラス・タウラでは、外国人枠の問題もあり、プレー時間は限られた

 リトアニアリーグには外国人枠が存在し、同時にプレーできるのは3名までと制限されている。「特に日本人選手だからという期待はありませんが、外国人選手に対しての期待は感じましたね。外国人選手がチームを強くしてくれるという気持ちは、どこの国でも一緒だと思います。たまに、チームメイトが『NAKAMURA』や『HONDA』、『KAZU』と言ったりしますが、『YAMAZAKI』とも言われたりしたので、どこまで分かって言ってるのかは不明です(笑)」

 5名の外国人選手の内、麻生選手の他にも日本人選手がもう一人いた。スリランカリーグでプレーしていたこともある丸山龍也選手である。

 「やはり、同じチームに日本人選手がいると日本語で話ができ、意見を言いあえるので、ストレスは溜まりませんね。一緒に出掛けたりもしました。ただ、ピッチ上では外国人選手枠を争うライバル。そのため、同じ日本人であってもしのぎを削らなければなりませんから、ピッチ上ではあまり意識はせず、外国人選手と思ってプレーしていました。それでも、ハプニングが起きた際などは、言葉が通じるのはとても心強いものでした」

 そう語る麻生選手だが、ビザとケガなどの関係で、リーグ戦終了を待たずして帰国することに。「リーグ戦は10月末までなのですが、次の移籍も考え、ひとまず日本に帰ってきました。現在、数多くの選手が海外でプレーしていますが、海外でプレーする日本人GKはかなり少ないんです。GKって、手が使える特殊なポジションで、ユニフォームの色も1人だけ違います。

 日本人GKは海外での評価が低いという記事を目にしたこともありますし、私も海外、特にヨーロッパでプレーすることは難しいと言われていました。行ってみて初めて分かるのは、実力がなくて否定されているわけではなく、チーム事情にフィットするか、求められている選手か、が大きく関係するということですね。今回のリトアニアも、そもそもラトビアでテストを受けたことから繋がっていったものだったので、チャレンジし続けたり、あきらめないでいると、何とかなるんだな、と実感しています」

電車道ではないサッカー人生

 高校や大学卒業後にJリーグ、その後海外でプレーとステップアップしていくような選手生活を送っていないことで、麻生選手が手にしたものがたくさんある。

 「コーチをしていたからこそ、選手によって対応を変えることを学びました。海外だと日本よりも個性が大事にされます。自分から積極的に意見を言える選手には、意見をぶつけ合ったりできるのですが、大人しい選手に同じような対応をしてしまうと落ち込んでしまいます。

 日本だと、そうした選手は性格の改善を求められたりしますが、海外ではそれを個性として受け止めているので、言い方を変えるなど、その選手に合った方法でコミュニケーションをとる必要があります。これはコーチをしていた時に気づいていたので、抵抗はありませんでした。個人的には、人によって接し方を変えるのはあまり好きではありませんが、GKとして色んなプレイヤーとコミュニケーションするには必要なのかもしれません」

画像を見る
サッカーは、海外で生活するための手段となっていると語る麻生選手。一方的な試合になった時でも、観客が見ていて「面白い、ワクワクする」と思ってもらえるエンターテイナーの要素を持ったGKを目指しているという。

 「また、現役を早期に1度引退したことで視野が広がりましたね。物事への考え方や姿勢が変わりました。若い頃はただがむしゃらにサッカーをして、上手くなること、上のレベルにいくことだけを考えていましたが、引退して自分がどれだけ周りの人に支えられていたかってことが分かりました。それからは、サッカーができることや支えて下さる人達に感謝しながらプレーするようになりましたね。あとは、人と人との繋がりが、いかに大切で財産なのかということ。それは選手を引退し、サッカーを引いて見ることができたから、気づけたことだと思います」

 Jリーガーが引退する平均年齢は25〜6歳と言われるが、麻生選手はこの秋28歳になった。「限界きてるな、と思います」と語るGKは、自分自身の選手としてのピークは過ぎていると考え、経験と勘を頼りにより良いプレーを心掛ける。

 「でも、今はもうJリーガーになるのも難しいですし、上を目指していくって感じじゃないんですよね。今何がしたいか。今面白そうなことは何か、を考えて、海外でのプレーを再度考えています。現在、数カ国から話がある中で、今度は代理人にできるだけ頼らず、自分の力で移籍を決めたいと思っています。リトアニアでもある程度自力でできたところもあったので、いけるんじゃないかな、と」

 選手生活を終えたら、サッカーとは違う分野で生きていきたいと話す麻生選手だからこそ、プレイヤーとしてはできない経験を買って出ている。「2度目となる引退後は、アニメの声優かプロ雀士になれれば、いやその両方ができればもっと面白いですよね」と笑って語る麻生選手だからこそ、今まで誰もなったことがないGKになれるはずだ。「3カ国目となるプレーの地が決まったんですよ」という報告が届くのを今から楽しみにしているファンが、私の他にも結構いるんじゃないかな、と思っている。

あわせて読みたい

「サッカー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  3. 3

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  4. 4

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  5. 5

    上野千鶴子氏がフェミになった訳

    PRESIDENT Online

  6. 6

    感染増の地域 知事がTV映え優先

    山内康一

  7. 7

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  8. 8

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    バラマキ予算作成が最優先の怪

    鈴木しんじ

  10. 10

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。