記事

参院選 徳島・高知合同選対本部の第1回会議を開催、年内に候補者決定を確認

 民主党は9日、参院選挙についての徳島・高知両県連との合同選挙対策本部の第1回会議を党本部で開いた。改正公職選挙法により来年夏の参院選から両県の選挙区が合区となることから、両県連幹部が顔を揃え、枝野幸男幹事長、玄葉光一郎選挙対策委員長とともに参院選勝利に向けた今後の対応について意見を交わした(写真は左から玄葉選対委員長、広田一高知県連代表、仁木博文徳島県連代表、枝野幹事長)。

 枝野幸男幹事長は会議の冒頭のあいさつの中で、「不本意といえども改正が決まった以上、少なくとも次回の参院選挙はこの形で行われることになる。当事者である両県連の皆さんにはご苦労をかけることになり、いろんな意味で想定し難い選挙になるが、組織としてお互いに納得できる形でひとつの結論を出し、両県連と党本部が三位一体となって最大限の力を発揮できれば、その結束力は相手方よりもわれわれの方が強いと確信している」と述べ、両県連の積極的な協議を通じて協力体制を構築していくことを呼びかけた。

 続いて広田一高知県連代表、仁木博文徳島県連代表がそれぞれあいさつし、地域主権を訴え国民の声を受けて政策を実現してきた民主党こそが、安倍政権に対する批判の声を受け止めていく受け皿にならなければならないなとして、両県連間で協議し選挙戦勝利に向けて体制を整えていく考えをそれぞれ語った。

 玄葉光一郎選挙対策委員長が協議後に記者団に語ったところによると、会議では徳島・高知の両県連とも候補者決定後は一致結束して戦い選挙に勝利していくこと、その前提として勝てる候補者選定が最重要との認識で一致した。選定方法は最終決定は党本部となるが、その前段として党本部、徳島・高知両県連の3者間で協議を十分重ねることを確認し、年内には候補者を確定していくことを決定した。また、現状として両県連として候補予定者がそれぞれ1人いることも報告された。第2回会議は11月17日に開催する予定。

あわせて読みたい

「一票の格差」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  2. 2

    「テレビ報道が自民党一色になっていることへの懸念はあった」立民・安住淳議員に呆れ

    鈴木宗男

    09月20日 15:48

  3. 3

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  4. 4

    「論文ランク1位は中国」ノーベル賞常連の日本が貧乏研究者ばかりになってしまった根本原因

    PRESIDENT Online

    09月20日 14:10

  5. 5

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  6. 6

    河野太郎は自民総裁選で勝てるか? 父と祖父があと一歩で届かなかった首相の座

    田原総一朗

    09月21日 08:02

  7. 7

    「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」現場医師の提案

    中村ゆきつぐ

    09月21日 08:28

  8. 8

    医療逼迫招いたのは日本医師会か 医師不足に触れず「病床増やそう」は欺瞞

    NEWSポストセブン

    09月20日 17:06

  9. 9

    警察庁長官、警視総監だけじゃない 総裁選の裏で安倍前首相の“懐刀”が続々出世の怪

    NEWSポストセブン

    09月20日 14:41

  10. 10

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。