記事

参院選 徳島・高知合同選対本部の第1回会議を開催、年内に候補者決定を確認

 民主党は9日、参院選挙についての徳島・高知両県連との合同選挙対策本部の第1回会議を党本部で開いた。改正公職選挙法により来年夏の参院選から両県の選挙区が合区となることから、両県連幹部が顔を揃え、枝野幸男幹事長、玄葉光一郎選挙対策委員長とともに参院選勝利に向けた今後の対応について意見を交わした(写真は左から玄葉選対委員長、広田一高知県連代表、仁木博文徳島県連代表、枝野幹事長)。

 枝野幸男幹事長は会議の冒頭のあいさつの中で、「不本意といえども改正が決まった以上、少なくとも次回の参院選挙はこの形で行われることになる。当事者である両県連の皆さんにはご苦労をかけることになり、いろんな意味で想定し難い選挙になるが、組織としてお互いに納得できる形でひとつの結論を出し、両県連と党本部が三位一体となって最大限の力を発揮できれば、その結束力は相手方よりもわれわれの方が強いと確信している」と述べ、両県連の積極的な協議を通じて協力体制を構築していくことを呼びかけた。

 続いて広田一高知県連代表、仁木博文徳島県連代表がそれぞれあいさつし、地域主権を訴え国民の声を受けて政策を実現してきた民主党こそが、安倍政権に対する批判の声を受け止めていく受け皿にならなければならないなとして、両県連間で協議し選挙戦勝利に向けて体制を整えていく考えをそれぞれ語った。

 玄葉光一郎選挙対策委員長が協議後に記者団に語ったところによると、会議では徳島・高知の両県連とも候補者決定後は一致結束して戦い選挙に勝利していくこと、その前提として勝てる候補者選定が最重要との認識で一致した。選定方法は最終決定は党本部となるが、その前段として党本部、徳島・高知両県連の3者間で協議を十分重ねることを確認し、年内には候補者を確定していくことを決定した。また、現状として両県連として候補予定者がそれぞれ1人いることも報告された。第2回会議は11月17日に開催する予定。

あわせて読みたい

「一票の格差」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  5. 5

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  6. 6

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  7. 7

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  8. 8

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  9. 9

    横浜スタジアム満員実験は無謀か

    WEDGE Infinity

  10. 10

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。