記事

TPPについてこれだけは知っておこう

先日ブログにてご紹介した今年度の「日経・経済図書文化賞」では、国際貿易に関する書籍が2冊選ばれました。この国際貿易の分野で、昨今もっとも注目を集めているトピックと言えばTPPでしょう。

実は先週、大阪大学で担当しているミクロ経済の講義で、まさにこのTPPに関する経済分析について扱いました。その際に使用したスライドをこちらにアップしましたので、興味のある方はぜひご覧ください!メインテキストとして講義で指定している、『ミクロ経済学の力』(神取道宏)第3章2節「TPPについてこれだけは知っておこう」の要約になります。

神取 道宏
日本評論社
2014-09-25


スライドでは、TPPによって仮にコメの関税が撤廃されたらどうなるか、という問いに対する詳細な分析がまとめられています。取得可能なデータと、ミクロ経済学の基礎である「需要と供給」「余剰」の考え方を用いて、できるだけ客観的にコメの自由化の影響を予測・議論する内容です。(特に、コメの供給曲線と米作農家の収入内訳を図示した9ページは必見!)

TPPについて是か非か、良いか悪いか、という規範的な問題に答える前に、貿易自由化によって「現実がいったいどうなるのか」という事実解明的な問題を丹念に分析することこそ経済学の役割であり、醍醐味でもある。そして、得られた分析結果は実際の政策決定に大きく貢献することができる。そんな思いを私自身も改めて感じる講義になりました。(具体的な関心を持ちやすいトピックだったせいか、学生たちもいつも以上に熱心に受講してくれました♪)


「需要と供給」「余剰」の考え方に基づいて、現実の経済問題を鋭く分析した論考としては、伊藤隆敏先生による「公共政策の経済学的アプローチとはなにか」(『経済セミナー』への新連載)も秀逸です。バター不足というみんな知っている身近なニュースから、減反政策の問題点を客観的に分析・議論していく内容に思わず引き込まれました。
ぜひ、こうした経済学的アプローチが政策の現場で(今まで以上に)活用されて欲しいです。

あわせて読みたい

「TPP」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  4. 4

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  6. 6

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  8. 8

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  9. 9

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。