記事

米GDP予想とインフレ警戒スタンスで中長期金利は反発となるか!?

みなさん、こんばんは!

為替千里眼、いよいよ明日から大型連休ということもあり、本邦勢の多くは持ち高調整に追われたのではないかと思いますが、それでも東京株は150円超の大幅高、ダウ先はプラマイ0付近と少々低迷気味ですが、昨晩のFOMCにおいて長期的な緩和策継続を表明したことによって、今後も株式市場は堅調に推移すると見られ、市場参加者のリスクセンチメントもそれなりに維持されるものと思われます。

昨晩の各金融市場の動きについては、概ね違和感のない動きではありましたが、債券市場だけは不思議な動きとなり、昨晩実施された5年債入札は、応札倍率こそ前回の2.79倍から2.77倍に低下したものの、落札利回り等は取引水準とほぼ同等で、結果的には無難にこなしたと判断されたものの債券利回りは上昇しておりました。もちろんFOMCでも緩和策継続を決定しておりましたので、教科書的には債券買いに傾斜し利回りは低下すると思われましたが、それにも拘らず利回りが上昇した背景には、Fedのスタッフ予測でインフレ予想を引き上げたことが圧迫要因として意識されたようで、Fedが低金利政策を維持することで、インフレが抑制されない恐れがあるとの思惑から長期債が短期債をアンダーパフォームした模様で、今後中長期金利は反発傾向に向かう可能性が出てきた点は頭の隅にでも置いておきたいところです。

USDJPY Daily

リンク先を見る

US10Y Treasury Notes

リンク先を見る

10年債利回りは、先日の3.31%から反転し、現状3.35%付近での推移となっております。昨晩のFOMC後に発表された経済予測で、2011年のコアPCEデフレーターの予想が、前回予測の1.0-1.3%から1.3-1.6%に上方修正されており、基調的なインフレは依然として抑制されつつあるとしながらも、インフレバイアスの強まりに対しては認識を強めていると見てよいと思います。ただし、年内利上げの可能性が消失したことで、金利差がドルに不利に働いているのは明らかですし、市場もドルインデックスが08年7月の最低水準70.698に向けて下落すると見込んでおり、目先の利回りの反転も一時的なものと見ておいたほうが無難かと思われます。

もちろんドル円も戻り狙いということになりますが、前回は81円Midでロングして一気に82円High付近まで反発いたしましたので、今回もまた81円Midレベルでの短期的な反発に期待したいところでもあります。テクニカル面では、やはりこの81円Mid〜81円アラウンドが鍵となるゾーンで、既に4hのモメンタムはダイバー気味となっておりますが、戻ったとしても83円アラウンドが限界だと思いますので、82円Mid付近からは戻り体勢を整えておく必要があります。また遅行スパンの水準からして急反発なんていう可能性もなきにしもあらずなので、今晩のGDPも含め注意しみておきと思います。

米GDP1Q-Flash各社予想
BTMU:+2.1%
バークレイズ:+2.0%
NYメロン:+2.0%
シティ:+1.9%
Wファーゴ:+1.8%


今晩最大の焦点となる米GDP速報です。1-3月期は、悪天候や原油高を受けた個人消費の減速や建設投資の減少など、一時的な要因によって前期比を大幅に下回ることが予想されておりますが、4-6月期はその反動で+3.5%付近まで再加速するとの見方が強まっております。今回はもちろん速報値なので、ある程度のブレは覚悟しなければなりませんが、GDP構成項目のマクロは全体的に奮わなかったというのが実情ですので、リスクとしてはダウンサイドの可能性の方が高いとみております。無論、FOMC直後の悪結果となれば、長期的な低金利政策が正当化されることとなりますので、反応としてはドル売り加速、好結果であれば再び早期利上げ再燃という展開になると思いますので、いずれにしても大きな動きに見舞われるのは必至で、同刻発表のIJCも踏まえ、ストレートの一段高となるのか、ドルショートの解消となるのか、注目したいところです。

気付けばストレートの上昇もピークアウトし、既に高値からは50〜100p近い下落となっておりますが、ユーロドルは短期モメンタムが既に下方ブレイク、1.47Lowレベルまでの下値余地となっていることから、明日のHICPに期待しつつも、1.47Lowまで引きつけての押し目といったイメージでこの後のNYを迎えたいと思います。

では、この後も頑張りましょう!

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。