記事

18歳選挙権 高校生「私たちが政治を作っていく」

画像を見る

T-ns SOWLのリーダー格、TAKUYA君は「これは降ってるうちに入らない」とツイート。雨をものともしなかった。= 8日、渋谷 写真:筆者 =

 文科省や高校の先生がピリピリするイベントが、きょう、都内であった ―

 選挙権が18歳に引き下げられたことを受け、文科省は先月29日、全国各地の教育委員会に「高校生の政治活動」に関する通知を出した。

 休日、放課後、構外での政治活動は原則自由としながらも、学業に支障が出たり、暴力的になったりした場合、学校は高校生の政治活動を制限、禁止できるとしている。

 この夏、日本中を巻き込んだ反安保運動では、高校生の姿を目にすることが珍しくなかった。

 文科省の通知は、少年たちのベクトルが大きくなり、政権が危うくなるようなことにでもなれば、いつでも規制できるようになっている。

画像を見る

民主党の蓮舫代表代行がSEALDs主催の新宿集会(9月6日)に登壇した時も雨だった。= 8日、宮下公園 写真:筆者

 「戦争法案が可決成立した9月19日を忘れない」。高校生たちが、きょう、戦争法制を廃止に追い込むための集会、デモを行った。(主催:T-ns SOWL)

 雨空をついて首都圏をはじめ関西、東海、東北地方の高校生たちが参加した。

 安保法制が国会で強行採決されて、わずか12時間後に京都で行われた反戦デモに参加していた2人の高校生も東京に駆けつけた。

 「親には『東京に行く』とは言ったが、『デモに参加する』とは言わなかった」。

 制服姿の17歳は、いたずらっぽい笑みを浮かべながら話した。文科省のHPからプリントアウトした通知文書を手にしながらの参加だ。

 9月19日に京都であったデモには担任の先生が付いてきたという。高校生の政治参加に教育現場が神経を尖らせていることが窺える。

 きょうは高校生100人余りに対して制服警察官が40~50人も出動した。うち数人は集会場となった宮下公園の中にまで入って来て威圧した。

画像を見る

「戦争反対」デモ集会の日は呪われたように雨が降る。高校生たちを悲愴な決意に追い込んだ責任は大人たちにある。= 8日、渋谷 写真:筆者 =

 仙台から参加した女子高校生がマイクを握った ―

 「9月19日はテスト期間中でテレビを見れなかった。『強行採決されちゃった』と母に言われた時は悔しかった。でも、これからだと思った」。

 「私たちは声をあげ続けます。だって民主主義は終わってないから。18歳の選挙権を行使して私たちが政治を作っていきます・・・」。

 多感で正義感にあふれる高校生たちは政治に敏感だ。一方で選挙権を持ったことを重荷に思う高校生もいる。

 「なんでこうなって(憲法違反の安保法制が成立して)しまったのか? 今まで政治に興味がなかった自分が恥ずかしい。少しでも行動したい」。愛知からたった一人で参加した高校生は、言葉を噛みしめるようにして話した。

   ~終わり~

『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています

あわせて読みたい

「18歳選挙権」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  3. 3

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  7. 7

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  8. 8

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  9. 9

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  10. 10

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。