記事

BPOの意見書 政府の「圧力」は言い過ぎでは

昨日BPOが意見書を公表した。

クローズアップ現代のやらせ疑惑について総務省がNHKに対し行った厳重注意を「圧力」と批判したが、これは総務省が放送法に則り(第四条:報道は事実をまげないですること)、注意したまでで、政治的な問題について取り上げたニュースに対し注意したわけではない。
事実をありのままに伝えていないと判断し注意をしたもの。

今回のことを圧力と言うのは言い過ぎで、放送法がある限りは、事実を曲げた放送が出た場合に総務省は法律に基づいて注意をする。

それは放送局側もわかっており、そうならないために石にかじりついてでも事実に基づいた報道をするわけで、もちろんジャーナリズム精神としても事実報道は当たり前のことである。

今回の政府の動きを批判するなら、「放送法を変えるべき」、「そのた 昨日BPOが意見書を公表した。

クローズアップ現代のやらせ疑惑について総務省がNHKに対し行った厳重注意を「圧力」と批判したが、これは総務省が放送法に則り(第四条:報道は事実をまげないですること)、注意したまでで、政治的な問題について取り上げたニュースに対し注意したわけではない。
事実をありのままに伝えていないと判断し注意をしたもの。

今回のことを圧力と言うのは言い過ぎで、放送法がある限りは、事実を曲げた放送が出た場合に総務省は法律に基づいて注意をする。

それは放送局側もわかっており、そうならないためにも石にかじりついてでも事実に基づいた報道をするわけで、もちろんジャーナリズム精神としても事実報道は当たり前のことである。

今回の政府の動きを批判するなら、「放送法を変えるべき」、「そのために戦う」とBPOの検証委員は堂々と言ったらどうか。

安保法制をはじめ安倍政権を批判している人が何人もメンバーなのだから。


http://sp.mainichi.jp/select/news/20151107k0000m040104000c.html

あわせて読みたい

「クローズアップ現代」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  2. 2

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  3. 3

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  4. 4

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  5. 5

    死者1万人 米インフルはコロナか

    PRESIDENT Online

  6. 6

    医療者守れぬ政府対応に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  8. 8

    いま選挙語る山本太郎氏は場違い

    早川忠孝

  9. 9

    のんびり残業派がもたらす害悪

    非国民通信

  10. 10

    クルーズ船は「ウイルス培養器」

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。