記事

横浜の傾斜マンション問題、費用負担の可能性も=三井不動産

[東京 6日 ロイター] - 三井不動産<8801.T>は6日開いた2015年4─9月期の決算会見で、神奈川県横浜市の大型マンション傾斜問題に触れ、被害を受けた居住者に謝罪するとともに、原因が解明された際には同社が補償費用を負担する可能性があるとの見方を示した。

三井不動産が傾斜マンション問題で会見するのは、事態が発覚してから初めて。同社はマンションの住民への補償として、全棟の建て替えを基本的な枠組みとして提案している。

同マンションは、三井不動産の子会社である三井不動産レジデンシャルが販売した。会見した佐藤雅敏常務執行役員は「売り主」としての責任に触れるとともに、「(全棟の建て替えは)すべてのみなさまに安心していただくためのもっとも大きな枠組みだと考えている」と語った。

ただ、現時点では対応策の具体的な内容が決まっていないため、業績への影響は見通せないとし、同日発表した16年3月期の通期予想は5月に発表した内容を据え置いた。

問題のマンションは旭化成<3407.T>の子会社の旭化成建材が三井住友建設<1821.T>の下請け業者として施行した。4棟のうち1棟が傾斜しており、杭が強固な支持層に到達しないまま建設された疑いがでている。

*本文中の記号を修正し再送しました。

(藤田淳子)

あわせて読みたい

「三井不動産レジデンシャル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  6. 6

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  7. 7

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  8. 8

    日本は中国に毅然たる態度で臨め

    野田佳彦

  9. 9

    監視されてる? リモート疲れ限界

    NEWSポストセブン

  10. 10

    就職に不利 日本で進む博士離れ

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。