記事

東芝、米国での天然ガス液化加工契約の売却を模索

[東京 6日 ロイター] - 東芝<6502.T>は、米国企業と締結した74億ドル規模の天然ガス液化加工契約について、売却を模索している。

東芝は2013年、テキサス州のフリーポートの基地から2019年以降、年間220万トンの液化権益を20年にわたり確保することを決定した。

しかし、アジアで液化天然ガス(LNG)価格が下落しているため、米国からの輸出需要が後退する可能性がある。東芝が支払う加工料金が年間最大3億7000万ドルに膨らむ恐れもある。

東芝電力システム社の企画部事業開発担当参事、中谷晃氏はロイターに対し、米国産LNGの価格競争力が低下したことを認め、20年間の契約期間の短縮について検討していることを確認した。加工料金についてはコメントしなかった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  3. 3

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  4. 4

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  5. 5

    女子陸上盗撮 複数人が被害相談

    NEWSポストセブン

  6. 6

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  7. 7

    鬼滅効果でも厳しい消費氷河期に

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

  9. 9

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

  10. 10

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。