記事

マイナンバーを人に教えると、プライバシーはどこまでバレる?

文=ジャーナリスト 村上 敬 答えていただいた人=弁護士 水町雅子 図版作成=大橋昭一

マイナンバーを他人に知られるのは危険?

マイナンバーは新しい制度ゆえ誤解も多いようだ。たとえば「マイナンバーを他人に知られるとプライバシーが筒抜けになる」というのも、よくある誤解の1つだ。

マイナンバーは行政機関などに散らばる個人情報の名寄せに使われるが、あらゆる個人情報と紐づけられるわけではない。水町雅子弁護士は解説する。

「マイナンバーと紐づけていいのは、社会保障・税・災害対策分野のうち、法令に明記された事務で取り扱う個人情報だけ。たとえば、借金額や詐欺被害歴などの情報と紐づけることは法律上許されていません」

リンク先を見る

マイナンバーと紐づけられる情報には制限がある

社会保障や税関連の情報と紐づくので、マイナンバーから所得額や生活保護受給歴などをたどられるおそれはある。ただ、過剰な警戒は不要だ。マイナンバーに紐づく情報を入手しようと思えば、行政や民間企業のシステムをハッキングしたり、システムにアクセスする権限を持つ者から個人情報を不正取得する必要がある。逆にいえばハッキングや従業者による不正リスクは残ることになるが、以前から行政や民間企業はさまざまな個人情報を管理しており、同様のリスクは存在していた。マイナンバー導入でリスクが従来より高まるわけではない。

もちろんリスクが変わらないからといって、気軽に人に教えていいものでもない。

「マイナンバーからプライバシーが洩れて被害に遭うリスクが高いわけではないですが、自衛するに越したことはない。そもそも自分のマイナンバーを教える必要があるのは自分の勤務先と公的機関くらい。それ以外は教えないほうがいい」

「副業が会社にバレる」は本当か

最近よく聞く「マイナンバーが始まれば副業が会社にバレる」という話も、鵜呑みにしないほうがいい。副業が会社にバレるのは、マイナンバーのせいではなく、本業と副業の給与から算出された住民税額が、自治体から勤務先に通知されるからだ。一般的に副業社員の住民税額は、同じ給料を支払っている他の社員より高くなる。それで勤務先は社員の副業に気づくわけだ。

以前は、それを回避する方法もあった。住民税を会社で天引きする「特別徴収」ではなく、自分で確定申告して「普通徴収」で納めれば、勤務先に内緒にできた。ところが近年、自治体によっては、給与収入については普通徴収を認めない方向にあるのだ。しかし、この流れは、マイナンバーと関係がない。きちんと納税している人にとって、マイナンバーがあってもなくてもリスクは同じなのだ。

もっとも、副業の収入を脱税していた人がマイナンバーによって税務署に捕捉され、その結果として住民税額を通じて会社にバレることはありうる。これは会社にバレる以前の問題で、そもそも脱税していたことが悪い。マイナンバーのせいにせず、適切に納税することが大切だ。

あわせて読みたい

「マイナンバー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  2. 2

    よしのり氏 文春はNGT運営に忖度

    小林よしのり

  3. 3

    軍服を着なかった今上天皇の意味

    毒蝮三太夫

  4. 4

    韓国国防の嘘を世界に発信すべき

    赤池 まさあき

  5. 5

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  6. 6

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  7. 7

    世界が批判 保釈認めぬ人質司法

    高野隆

  8. 8

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  9. 9

    しまむら不振 ZOZOの一強確立か

    MAG2 NEWS

  10. 10

    就職後も残る学歴コンプレックス

    不登校新聞

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。