記事

夫婦別姓、最高裁、年内にも憲法判断

民法の、夫婦別姓を認めない「夫婦は同じ姓を名乗る」という規定と、「女性は6ヶ月間は再婚できない」とする規定について、それぞれ憲法に違反するかが争われた2件の訴訟で、最高裁大法廷(裁判長:寺田逸郎長官)は、昨日4日、原告と国から意見を聞く弁論を開きました。

いずれも結審して、年内にも大法廷で初めての憲法判断が示されます。家族のあり方が多様化する中で、100年以上前の1898年に制定された明治民法のままの規定は、合わなくなっていると思います。

1996年には、法制審議会が、「選択的夫婦別姓」と「再婚禁止期間の100日への短縮」を盛り込んだ民法改正案を答申しています。この時の民法部会長は、父の加藤一郎が務めていました。通常は、審議会が答申すれば、政府提出法案として国会で審議されるのですが、自民党内の保守的な、家族が壊れるなどの意見が強く、法案は提出されていません。

私が議員の時にも、野党提出の議員立法として、ほぼ毎国会、改正案を提出してきましたが、実現していません。別姓が選択できない国は、日本だけになっています。

女性の活躍というなら、仕事で培ってきたものが、姓が変わることで断絶し、女性が不利益をこうむることを変える必要があります。

また、自分の身体と同じように、生まれた時から、自分の一部であった姓を、結婚と同時に、女性が奪われるのは、男女平等にも反します(96~97%は、女性が姓を変えている)。

国連の女性の地位委員会からも、再三改めるべきと勧告を受けています。選びたい人が別姓を選べることが、早く実現してほしいと思います。

また、女性だけが、離婚後6ヶ月間再婚できないのは、妊娠した場合に、どちらの子か、わからなくなるのを防ぐため、とされていますが、これだけ医療が発達しているのに、この期間は、合理性がないと思います。

最高裁大法廷が、弁論を開いたことによって、よい判決が示されることを、関係者は願っています。

あわせて読みたい

「夫婦別姓」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  5. 5

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  6. 6

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  7. 7

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  8. 8

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  9. 9

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

  10. 10

    東京都の銭湯料金が8月1日から値上げ ブームから一転、コロナ禍で利用客減少

    BLOGOS しらべる部

    07月30日 17:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。