記事

松本剛明先生の離党について

●松本剛明先生(6期・元外相)の離党について

先日、私が議員会館を退出後、松本先輩が離党の挨拶状を持ってこられた。

お会いしたかったが離党の理由は主に二つ。「安保法制の対案」が党内議論に付されることなく全面的反対の国会対応となったこと、「共産党との連携」が巷間で囁かれていること、であった。

 

●「安保法制の対案」

私は与党法案には反対したが防衛も日米安保も重要だと考えている。

特に軍事技術や装備が日進月歩の現代においては、我が国防衛のための日米共同行動にも「集団的自衛権」に該当する諸行為が出てくる可能性がある。

それを教条的に否定するのではなく、十分慎重な立場に立ちつつも、実際の「防衛上の」必要性を具体的に吟味していくのが民主党であるべきだと松本先輩は考えていたのではないだろうか。

今回の安保法案ではその党内議論の場が十分に提供されなかった。

これは改めねばならない。

●「共産党との連携」

安保法案の審議で確かに各野党は非力さを感じつつ自民党政権打倒を誓った。

しかし民主党は政権に共産党を含める構想はこれまでも一切持っていなかったしこれからもそれはないと考える。

そもそもこの話は、政権選択選挙において「自民党政権打倒のために民主党候補の支援を」という共産党側の論理であって、民主党側の主張ではない。

民主党は、来るべき国政選挙にむけ自らの政策を強く訴えることに力を注ぐべきだ。

とにかく党幹部も歴任し、特に政策的指導者でもあった松本先輩の離党は大きな打撃だ。執行部による党再生は果たして進んでいるのか、それが今、問われている。

あわせて読みたい

「国民連合政府」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  2. 2

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  3. 3

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  4. 4

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  5. 5

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  6. 6

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

  7. 7

    原発処理水の海洋放出を決めた菅内閣は、言い出しっぺの細野豪志氏をもっと大事にした方がいいだろう

    早川忠孝

    04月11日 17:10

  8. 8

    中途半端な自粛要請で「コロナ特需」の飲食店

    内藤忍

    04月11日 11:59

  9. 9

    使い方覚えられない? シニア世代のスマホ利用率や利用実態から習熟について考察

    S-MAX

    04月11日 16:56

  10. 10

    YouTuber逮捕は氷山の一角、児童の「自画撮り被害」という社会問題

    NEWSポストセブン

    04月11日 17:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。