記事

これから始まるイノベーションの大揺籃時代 ~「ザ・セカンド・マシン・エイジ」を考える~

2/2

武者: はい、そうですよね。まさしく、そこがポイントだと思うのです。30年前だって、相当技術は進歩していました。コンピュータも既にありました。そこからさらにコンピュータが劇的に進歩し、生産性が高まった。従って、かなりの仕事はコンピュータに奪われたはずです。例えば、今から30年前ですと様々な企業は、データ処理に膨大な人間を抱えていました。経理処理だとか販売データだとかを全部手書きで、そろばんで計算していた訳です。

そういう人々が、今や完全にいなくなったということは、職場から膨大な人々が消えた訳です。では、世の中全体として失業者が増えたかというと、この30年間全く増えていない。このように考えますと、やはり今起こっていることは、ただ失業が生まれて我々は職を奪われ、経済が衰弱するということではなかったということは明らかです。それは人類の歴史を振り返ってもそうなのです。一番顕著な例は、農業における生産性が劇的に高まったということです。

画像を見る

例えば、今から200年前は米国では74%が農民だったのです。つまり100人中74人の人間が一生懸命働いて、ようやく100人が食べられた。しかし今では日本でもアメリカでも、農民は100人中2人です。つまり、2人が働けば100人が食べられるというように、農業において生産性が劇的に上昇したのですが、ということは、現実には74人の農民のうち72人は農業から失業した訳です。従って、農業の生産性が高まっただけで、人々の生活が何も変わらないとすれば、生活水準が200年前と同じなら、72人が路頭に迷っているはずです。

しかし、そうなっていないのは、農業から離れた72人が失業しているのではなくて、新しい仕事に就いているからです。その新しい仕事とは何かというと、ひとことで言えば、人々の生活をどんどん豊かにしてくれる仕事だと思います。食べることは農業の生産性向上によりたった2人の労働で満たされる。残りの72人は人々のよりよい生活をサポートする産業(それは200年前には存在していなかった)に雇用されているのです。良い衣料を着て、良い住まいに住み、良い教育を受け、良い医療を受け、そして良いエンターテインメントを楽しむというように、人生をどんどん楽しみ、人々の生活が良くなるということによって、それをサポートする新たな仕事が生まれた。これが人類の歴史です。

画像を見る

つまり、生産性がどんどん高まって労働力の余剰が増えれば、遊んでいる人が何をやるかというと、実は新たな、もっと人々を喜ばせる仕事を見つけて、そこに雇用が生まれるということです。例えば、良い例が、もう筋肉労働をしている人はいません。では、ミラーさんも私も全く筋肉を使っていないかと言えば、そんなことはないです。筋肉労働をしないからと言って、筋肉を遊ばせておいたら、もう老化して動けなくなる。従って、否が応でも筋肉を稼働させなければいけない。労働ではないけれども筋肉を使う。それは何かというと、スポーツです。

つまり、筋肉労働は機械がやってくれるようになったけれど、その代わり我々は筋肉を使って一生懸命スポーツをやる。スポーツ産業が興る。そこで大きな雇用が生まれる。我々にとっては筋肉を使って苦しい仕事をするのではなく、筋肉を使って楽しむ。これからは、頭を使って苦しい仕事はやらなくていい。その代わり、頭を使ってどんどん楽しむ。芸術だとか、エンターテインメントだとか文学、色々なことがあると思います。そうすると今度はこちらに新たな雇用がどんどん生まれていく。

このように考えれば、今起こっているセカンド・マシン・エイジ、つまり機械が人間の頭脳労働を代替するということは、暗い将来ではなくて、我々はつまらない頭脳労働、無味乾燥な頭脳労働から解放されて、よりゴージャスな頭を働かせる人生を楽しむことができるということです。そうすると発展する新しい産業というのは、人々をより楽しませる産業。このような新たな産業分野が、恐らく将来の人間の雇用を吸収する最大の産業になっていくと思います。つまり、これからは皆を楽しませるビジネス、これが一番成長するのだというのが『ザ・セカンド・マシン・エイジ』がおぼろげながら指し示している将来像だと思います。

最近日本でもある本が評判になっていました。それはどんな本かというと、『あと20年でなくなる50の仕事』という本です。まさしく、この『ザ・セカンド・マシンエイジ』が書いている機械が我々の仕事を奪うということを書いている訳です。50もある。しかし、私は、この本に決定的に欠けているのは別の側面、つまり、あと20年で生まれる50の仕事、と言う側面だと思います。歴史は技術革新と生産性の上昇によって50の仕事が失われ、そして新たに50の仕事が生まれてきました。

人類の発展というのはそういうものです。新たに生まれた50の仕事はすべからく人々をより幸せにする仕事です。このように考えると、今起こっている生産性の上昇、産業革命は我々の工夫によって、より良い明るい将来が待っているのだということが言えると思います。しかし、そのためには、そのような明るい将来をもたらすための需要をどんどん増やして人々の生活が良くなる環境を整えるための政策的なお膳立てが必要です。やはり政策が非常に重要な局面に来ているということが言えると思います。

ミラー: はい、わかりました。本当に悲観的ではなくて、これからまた新しい産業も興るだろうと。失業するのではなくて、新たな需要創造、イノベーションによって雇用が生まれ、低失業率が維持される。

武者: 重要なことは、人間が筋肉も頭も使う必要がないということは、機械が全部やってくれることで、人間の生活がすごくイージーになり、我々のライフスタイルは今一段の向上が約束されているということです。振り返ってみると、今から100年前の我々の先祖には日曜日なんてありませんでした。お休みは盆暮れだけでした。しかし、今から数十年前に日曜日が休みになり、そして土曜日が半休になったのは、戦後のことです。そして、ここ数十年の間に月に一回土曜日がお休みになり、今では完全に土曜日がお休みになり、そして国民の祝日も増え、今や週休三日ということを言っている企業も出て来ている。

間違いなく週休三日という時代になるでしょうけれども、その先は恐らく、そこで止まらずに週休四日、あるいは全休というのは言い過ぎかも知れませんけど、そういう風になっていく訳です。そうすると余暇がどんどん増えてくる。そして人々は持て余した頭脳と筋肉を一生懸命使う何か新しい試みを求めてくる。他方で、生産性が高まり企業が儲かるので所得はある。そうすると一体何が起こるのか。これはもう、パラダイスです。そのようなパラダイスに向かって人類社会は進化していっているのだというのが、私が常に主張しているポイントなのです。

注目するべきは、いま技術革新とイノベーションの最先端を走っている米国における人々のライフスタイルと消費行動の変化です。リーマンショック以降、先進国ことに米国では、企業業績が絶好調であることとは裏腹に、労働と資本の余剰が著しく、賃金低迷(=デフレ危機)と歴史的低金利という、教科書にない事態に直面してきました。第二次産業革命が劇的労働生産性の上昇を引き起し、雇用停滞つまり失業増加と賃金低迷をもたらしてきました。また同時に技術革新による設備・システム価格の急速な低下、つまり資本生産性の上昇をもたらしました。

企業は好業績を享受しりながら、他方では人余り、金余りが併存すると言う今までの経済学では説明できない現実が引き起こされてきたのです。悲観主義者は雇用不振と賃金停滞、低金利をもたらしている余剰資本が十分に投資に振り向けられていない状態を、危機の深化ととらえてきました。確かに企業がいくら儲かっても失業が放置されれば経済は崩壊しますので、危機に深化する可能性があると言う側面も無視できません。しかし労働者のスキル向上と経済成長があれば、フル雇用と人々の生活の一段の向上が可能となります。企業の資本余剰はいずれ賃金上昇、株主還元、株価上昇となって消費を拡大させ、人々のライフスタイルは一段の高みに引き上げられるでしょう。

実際米国ではリーマンショック以降の辛抱強い量的金融緩和(QE)などの需要創造政策により、余剰労働者が着実に稼働し始め、失業率は大きく低下し、新規失業保険申請件数は過去最低水準まで低下しています。図表3にみるように、教育・医療、サービス業、娯楽・観光などの豊かな生活をサポートする分野で雇用が大きく増加しています。賃金もはっきりと上昇し始めました。インターネット・クラウドコンピューティング・スマートフォン革命によるイノベーションが大きく人々の生活とビジネススタイルを変え始めていると言えます。

画像を見る

将来はアプリオリに決められるのではなく、政策次第、人知の働きかけ次第なのです。私の思い込みを含めて、近刊「ザ・セカンド・マシン・エイジ」(日経BP社)はこの事情を見事に説き起こしていると思います。技術革命と新結合が花開く今こそイノベーションの大揺籃時代と言えるのです。

ミラー/武者: ありがとうございました。

あわせて読みたい

「イノベーション」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  4. 4

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  8. 8

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  9. 9

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  10. 10

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。