記事

11月4日(水) ムネオ日記

STAP細胞発見で、一躍時の人になり、その後STAP細胞を実現できずバッシングを受けた理化学研究員の小保方晴子氏だったが、2日、早稲田大学は博士号の取り消しを発表した。

博士論文に不正行為が見つかり、その後、訂正するための時間を小保方氏に与えたが、その期間内に審査できる科学的な根拠や論理が十分でなく、時間切れとなったそうだ。

「小保方氏は弁護士を通じて『当初から不合格を前提とした手続きで、とても不公正なもの』などとするコメントを発表」(朝日新聞3日35面)したそうだが、なんとも潔くない態度である。

そもそも「STAP細胞」はあったのか。事実、裏付けのないものを日本はもとより、世界にしたことは大きな責任がある。この反省をいまだにしていない。そして虚勢を張っていては、醜いことである。

小保方氏に言いたい。「謝ることは恥ずかしいことでもなければ、卑しいことでもない」だが、「ごまかしたり、嘘を言ったり、すり替えの話は人として失格ですよ」と。

小保方氏によって日本の学者、研究者が「日本の研究者は他人の研究を盗み、黙って引用するのか」と受け止められることは、日本にとって大きなマイナスになるのだ。

言いにくいことだが、私は日本の研究者、学者の名誉の為にもこの点、はっきりしておかなければと考えている。

自分でまいた種は自分できちんと処理するのが人の道である。

正午、東京駅発で名古屋に向かい、14時半からテレビ愛知の情報バラエティ土曜コロシアムの収録。

中京地区のみの放送だが、土曜日19時54分~20時54分のゴールデンタイムの放送である。

今回のテーマは「大丈夫なのか?日本の外交~外務省を徹底追求」で、私の認識、経験を述べさせて戴いた。「外交力、イコール人間力」であると私は考える。

国益の観点から良い外交と展開してほしいと願ってやまない。

あわせて読みたい

「小保方晴子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    緊急事態宣言を同時中継する忖度

    水島宏明

  4. 4

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  5. 5

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  6. 6

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  7. 7

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  8. 8

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  10. 10

    マンションの看護師差別に呆れ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。