記事

欧両通貨は直近サポート下限の攻防に注目!?

みなさん、こんばんは!
為替千里眼、恐らく当記事をアップする頃にはBOE金利の結果は判明していると思いますが、現状はケーブルが安値から大きく切り返すなか、ユーロドルは引続き軟調でDayLow付近での推移、ドル円は83円手前でのもみ合いといったところで、引続き地合いはドルショートの巻き戻しが優勢といったところです。今晩はIJCや貿易収支など、若干の米マクロの公表や30年債入札などのイベントこそありますが、これまでの金融政策方針を主導としたマーケット展開から、欧州債務問題に焦点がシフトしたことで、安全資産となる米債選好の地合いが醸成、昨晩の10年債入札も堅調な結果となったことは言うまでもありません。また昨日はポルトガルの2年債入札が実施されましたが、スペイン同様旺盛な入札結果となったものの、借入れコストは上昇、同国に対する国際支援が必要になるとの懸念が広がり、今年1月の債務危機を彷彿させる展開となってきたことは注意すべき点かと思います。

ここで焦点となるのが、ドル買戻しに対してドル円は上昇するか?という点で、ストレートが軒並み下落、これに対してドル円が上昇すればクロスの被害もある程度限定的となりますが、ドル買いでもドル円が騰がらないとなると、ユーロ円やポンド円は相当に下押しする恐れがありますので、その点もまた念頭に置きながら今回の回避動意がどの程度深刻なものなのかの見極めをしたいところではあります。ユーロ円は、目先サポートが114円ちょうど付近、この水準が守れないとなると、今年1月安値107円起点の長期サポート下限113円Midが視野入りしてきますので、ユーロドルの1.38アラウンドの攻防も含めて、ユーロ動向は眼が離せないのではないかと思われます。

さて、先ほどBOE金利の発表があり、市場予想通りのノーサプライズとなりました。ある程度調整後の買戻しが進んでいただけに、金利発表直後から再びポンド売りに傾斜しておりますが、ケーブルはまだモメンタムで見ても下値余地を残しており、こちらも1.61アラウンドの攻防が気になるところです。4hでのサポートがちょうど1.61〜1.61Mid付近になりますので、目先最終サポートを1.61に捉え、モメンタムの傾きを見ながら短期的なロングという手もありかもしれませんが、現状ダウ先も下落傾向にあり、今日も回避動意が主導となる可能性もありますので、この後のNY勢の出方をみてからの判断でも遅くはないと思います。

米貿易収支各社予想
Wファーゴ:-394億USD
NYメロン:-410億USD
シティ:-415億USD
バークレイズ:-420億USD


現状は米マクロのインパクトも低下しておりますので、あまり神経を尖らす必要もないかもしれませんが、本日は中国が予想外の貿易赤字に落ち込んだこともありますので、米サイドの一段の赤字縮小が期待されるところかもしれません(逆に赤字縮小が個人消費の鈍化懸念に繋がる恐れもありますが・・・)。もちろん、赤字縮小が米財政状況の改善という期待感に繋がることで、一時的でもドル買いが台頭する可能性はありますが、同刻発表のIJCのほうがウェイトとしては大きいと思いますし、その肝心のIJCは前週分が大幅に改善されたことで、反動増が懸念されているのが実情でもありますので、貿易収支だけに捉われないよう注意したいところです。

明日は、東京時間の中国CPIを始めとする一連のマクロ、そして英PPIや米リテール、加雇用統計など金融政策に直結するマクロが多彩に公表されるため、今晩の動向云々より、明晩に体力を残しておくべきかと思います。今週は数多くのサプライズを期待しておりましたが、材料の少ない週の割りには動意が乏しく、眠気の方が勝ってしまう展開ではありますので、その分の反動が明晩にでることを期待して、今晩は大人しくしておこうかと思う今日この頃です(笑)。

では、この後も頑張りましょう!

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。