記事

時代を先読みするユニークな本 『大世界史 現代を生きぬく最強の教科書』 (池上彰・佐藤優 著) (文藝春秋 刊)|自著を語る|佐藤 優

画像を見る
『大世界史 現代を生きぬく最強の教科書』 (池上彰・佐藤優 著) (文藝春秋 刊)

 本書は、時代を先読みするユニークな作品であると自負している。同時にほんの少しだけ(ほんの少しだけであることが重要だが)、時代の流れに逆行している。池上彰氏とのタッグを組まなくては、この本はできなかった。

 私と池上氏は、現在、二正面作戦を強いられている。第一正面は、日本を徘徊する反知性主義という妖怪との戦いだ。高等教育を修了し、司法試験、国家公務員総合職試験などの難しい試験に合格した人でも、反知性主義に足をすくわれることは珍しくない。

 反知性主義とは、客観性、実証性を軽視もしくは無視して、自らが欲するように世界を理解する態度をいう。反知性主義者は知性を憎んでいる。それだから、客観的かつ実証的なデータを示しても、「それが何だ。僕/私はそう思わない」と言って、自分の殻に閉じこもってしまう。殻に閉じこもるだけでなく、「学問をするとバカになる」などと言って、「無学の知」を商売にする有識者も出てくる。

 第二正面は、反知性主義とは、一見反対に見える、極端な実学重視の傾向との戦いだ。今年(二〇一五年)六月八日、文部科学省は、全八六の国立大学に、文科系を中心に既存の学部などを見直すよう通知した。社会に必要とされる人材が育成できないならば、廃止や分野を転換しろと促している。

〈通知は「特に教員養成系や人文社会科学系学部・大学院は、組織の廃止や社会的要請の高い分野に転換する」ことを求めた。例えば、人文社会系の卒業生の多くがサラリーマンになるという実績を踏まえ、大学は地元で必要とされている職種を把握。需要にあった人材を育てる学部に転換するなどといった想定だ。/文科省によると、自然科学系の研究は国益に直接つながる技術革新や産業振興に寄与しているが、人文社会系は成果が見えにくいという。国立大への国の補助金は計一・一兆円以上。子どもが減り、財政事情が悪化する中、大学には、「見返り」の大きい分野に力を入れさせるという考えだ〉(「朝日新聞デジタル」二〇一五年六月八日)

 文科省は、経済界の要請に応えて、即戦力になる人材を求めているのであろう。もっともすぐに役に立つような知識や技術は、賞味期限も短い。どうもそのあたりの現実が文科省にも経済界にも見えなくなっているようだ。実は、このような「高等教育の実学化」の嵐がフランスでナポレオンの時代に吹き荒れた。その影響がドイツにも及んだ。この流れに抵抗したのが、ベルリン大学神学部教授で、著名なプロテスタント神学者のフリードリヒ・シュライエルマハー(一七六八~一八三四)だった。東京大学名誉教授で哲学者の山脇直司氏はこう述べる。

〈一八〇八年に出た『ドイツ的意味における大学に関する所感』は、当時のナポレオンによる大学の実用主義化への対抗ヴィジョンとして提示された。当時のフランスでは、ナポレオンが大学を総合技術専門学校化する文教令を出し、ドイツでもそれに賛同するような風潮が起こり始めていた。それに対し、シュライエルマハーは、学問が国家と癒着することを厳しく戒める。

 学問のための施設は、学問的認識を目指す者同士の「自由な内的衝動」によっておのずと生まれてくるものであり、国家が率先して創り出すものではない。ナポレオンを最高指導者とする中央集権国家は、本質的に実利を追求する機関であり、実利の範囲でしか学問を見ない。そうした国家にとって重要なのは、知や文化の質ではなく、実用的な情報や技術の量である。それに対して学問的思索は、「個別的な知がどのように連関し、知の全体の中でどのような位置を占めるか」を認識しようとする。シュライエルマハーによれば、一般に学者が国家に取り込まれれば取り込まれるほど、学問共同体は国家の御用機関に堕し、学問共同体は純粋に学問的な思索を追究すればするほど、結果的に国家の質も高まる。

 実用教育と峻別された学問研究の場たる大学は、人がなんらかの専門研究機関で本格的な研究を始める前に、その専門研究が他の学問領域とどのような関係にあるかを認識し、それを素人にも説明する能力を養う場と位置づけられる。従来のヨーロッパの大学は、法学、医学、神学を中心に編成されてきた。しかしそれらの学問は、そもそも国家の庇護のもとに営まれてきた学問であり、知の諸連関と包括的な体系を認識する学問とはなりえない。それに対し、国家から独立して発達した歴史的諸学問や自然的諸学問を統合し包括するような哲学こそ、大学での中心的役割を演じるにふさわしい学問である。それゆえ、それらの専門学部の教員も、哲学部のなんらかの分野に責任をもち授業を担当しなければならない。さもないと、それらの学部は、手工業的な伝承主義や視野の狭い専門主義に堕しがちだからである。

 シュライエルマハーによれば、「諸学問を媒介する学問」としての哲学は、専門的諸学問とともに学ばれて初めて意義をもつ。したがって大学の教師は、哲学を純粋思弁としてではなく、個々の専門科目と連関させて教えるよう要求される。そのさい、教師は、つねに新鮮な対話能力をもって学生に働きかけなければならない。講義は、学生への一方通行だったり、毎年同じ内容の繰り返しであってはならず、学生からの質問にも触発されて年々豊かになっていかなければならない〉(山脇直司「X シュライエルマハー」加藤尚武責任編集『哲学の歴史 第7巻 理性の劇場──18─19世紀 カントとドイツ観念論』中央公論新社、二〇〇七年、五九八~六〇〇頁)

「国家にとって重要なのは、知や文化の質ではなく、実用的な情報や技術の量」であるという発想が、まさに現在、文科省や経済界が進めようとする大学改革の前提となっている。一見、近代的に見えるが、これは、中世の職人教育と親和的だ。狭い分野での最先端知識をつけた専門家をいくら養成しても、そのような専門家はすぐに役に立たなくなる。池上氏が呼ぶ教養は、シュライエルマハーが諸学を包括し、統合するところの哲学と同じ機能を果たす。このような教養は、歴史の中で生み出されていくのである。

 本書の『大世界史』というタイトルには二つの意味がある。第一は、世界史と日本史を融合した大世界史ということだ。日本の視座から世界を見、また世界各地の視座から日本を見、さらに歴史全体を鳥瞰することにつとめた。第二は、歴史だけでなく、哲学、思想、文化、政治、軍事、科学技術、宗教などを含めた体系知、包括知としての大世界史ということだ。

 人間には、愚かさと聡明さ、残忍性と優しさが混在している。歴史から学ばなくてはならないのは、ちょっとした行き違いで、大惨事が発生するということだ。逆に言うならば、ちょっとした気配りと努力で、われわれは危機から脱出することもできるのである。大世界史から謙虚に、人類が生き残る術について、読者とともに学んでいきたい。

   二〇一五年九月一四日

(「おわりに」より)

画像を見る

大世界史 現代を生きぬく最強の教科書
池上彰/佐藤優・著 (文藝春秋 刊)

定価:本体830円+税 発売日:2015年10月20日

詳しい内容はこちら

あわせて読みたい

「佐藤優」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  2. 2

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  3. 3

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  4. 4

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  5. 5

    ニトリ偽サイト「ミトリ」に注意

    ABEMA TIMES

  6. 6

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  7. 7

    医療従事者への誹謗中傷 SNSでも

    川名 ゆうじ

  8. 8

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  9. 9

    パスワードの管理方法は紙が最強

    PRESIDENT Online

  10. 10

    中島みゆきとユーミン 本当の仲

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。