記事

島尻大臣の説明に周囲もため息――カレンダーは「ポスター」!?

リンク先を見る

「暦入りポスター」について島尻氏は小誌の質問は無視し、地元紙で報じられると慌てて対応しはじめた。(写真/野中大樹)

小誌は先週2015年10月16日号で〈「沖縄攻略」の尖兵 島尻安伊子沖縄北方大臣の権力欲と暴力団疑惑〉と題する記事を掲載した。島尻氏が自身の選挙区で顔写真入りカレンダーを配布していたのは公職選挙法が禁じる「寄付行為」に該当し、法に抵触するのではないか、などと指摘したのだ。

島尻事務所は小誌の質問に一切回答をしなかったが、10月17日付『琉球新報』が〈島尻氏カレンダー配布 09年 公選法違反の可能性〉と報じ、翌18日付の『沖縄タイムス』が〈島尻氏カレンダー配布 10年参院選前 「違法ではない」〉という島尻氏のコメント付き記事を掲載すると、島尻氏は18日午後、沖縄県内で記者団のぶら下がり取材に応じた。

島尻氏は09年12月28日のブログで「(カレンダーを)欲しいという方は後援会事務所までご連絡ください」と呼びかけていることについて、この日、「誤解を受けるような表現だったことは申し訳ない」と謝罪しつつ、「カレンダー自体においては、公職選挙法上、何ら問題はない」と打ち消した。

しかし翌19日、説明は急展開した。この「あい子カレンダー」(ブログより)はカレンダーではなく「政治活動用ポスター」だと主張しはじめたのだ。関係者によれば島尻氏は19日、この問題について弁護士と協議している。協議で、カレンダーだと商品性が高く、それを選挙前に不特定多数に配っていたとすれば公選法に抵触してしまうため「ポスター」と位置づけることを決めたという。

ぶら下がりで記者団に「ポスター? ブログにはカレンダーと書いているが」「暦が明記されたポスターということか」などと問われ、島尻氏は「誤解を招く表現だった」と答えるしかなかった。

さすがに島尻氏の周辺からも「これをポスターだと説明しなければならないのか……」と嘆きの声が漏れてくる。

(野中大樹・編集部、10月23日号)

あわせて読みたい

「島尻安伊子」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  4. 4

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  5. 5

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  6. 6

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  7. 7

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  8. 8

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  9. 9

    中間層や無党派層の動きが読めない横浜市長選 日本の政治状況が急展開か

    早川忠孝

    07月24日 18:23

  10. 10

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。