記事

焦点は「全会一致」か?「コンセンサス」か?

みなさん、こんにちは!
為替千里眼、昨晩は週中ということもあり、やや調整色の強まる展開が先行したのも束の間、欧米のマクロ指標が良好なものとなったことなどを背景に米中長期金利が上昇、原油も再び102ドル台まで上昇し、為替市場ではオージーやカナダなどのコモディティブロックが上昇するなど、リスク回避要因もあれば、リスクテイクの動きも散見されるなど、各々で統一性のない展開となりました。気付けばユーロドルは1.39手前、ケーブルも1.63乗せを達成しており、ECB会合前と言えど金利先高感を背景とした欧州通貨選好の手綱は一向に緩められる気配が感じられませんが、今日は本格動意の木曜日、そしてECB会合直前ということもありますので、ロンドン序盤はある程度の調整的なドル買戻しが見られてもおかしくはないと思います。

さて、昨日は私も切らされてしまいましたが、ユーロドルは1.37Midから1.38Mid付近まで上昇、ロンドンでのPPIが市場予想を大きく上回ったことで、今晩のECB会合でのトリシェ総裁の会見は、相当にインフレ警戒色を強めるのではないかといった見方がユーロの下値を支えているものと思われます。ECBの利上げ時期予想に関しましては、現状9月以降で年内2回程度という予想が多いようですが、今回の会合において、政策金利の決定が従来の「全会一致」ではなく「コンセンサス」だったとされる場合には利上げを主張したメンバーがいたことが示唆されるとバークレイズは指摘しており、実際にこのようなことに至れば、むろんユーロは引続き1.40トライ継続となることは言うまでもありません。ただし、足許の上昇が既に大方の利上げ時期を織り込んでいるとすれば、セル・ザ・ファクト的な展開となる恐れもあります。

昨晩のADPに関しましては、ご周知のとおり市場予想を上回る21.7万人と好調な結果、1月分も僅かではありますが18.7万人増から18.9万人増に上方修正されており、数値としては引続き労働市場の改善を示す内容であったと言えます。対照的に、昨晩発表されたチェレンジャーレイオフ調査は、2月の人員削減数が5.07万人と前月の3.85万人から急増、昨年3月以来の高水準になっていました。チャレンジャー社曰く、足許の原材料価格のコスト増で企業収益が圧迫され、今後レイオフの動きが加速する恐れがあるとのことですが、中東情勢も含め、この原油高がいつまで市場で注目され続けるか、現状は原油高がインフレ懸念に繋がっており、その懸念が早期利上げ観測という良い方向に向かってますが、いずれ景気回復阻害と言うネガティブな方向に向かう可能性がありますので、その点はあらかじめ念頭に置いておきたいところかもしれません。

バーナンキ議長の下院証言に関しては、2日目ということもあり然程注目度は高くありませんでしたが、引続きインフレに関しては抑制されているとの見解を述べ、足許の原油高によって政策方針がぶれることはないと断言しておりました。緩和策に関しては、適切な時期に解除しなければインフレを招くとの認識はありますが、現状の米景気の回復はしっかりと根付いていないため、引続き金融政策の支援は必要との認識を示しておりましたので、Fedが原油動向に左右される可能性は低く、インフレ警戒を鮮明にしている英欧に対しては継続的にアンダーパフォームする可能性が高いと言えます。ベージュブックに関しても同様に、雇用および住宅市場の継続的な不振を指摘しており、景気回復ピッチは非常に緩やかとの認識がコンセンサスのようです。

さて、このあとのロンドンですが、焦点はやはり独欧英のPMI指数、そして欧GDPなど利上げ観測をバックに一段と上値を伸ばせるかどうかが注目されます。個人的には引続き短期的な調整は入りやすいと見ておりますので、大台手前までの上昇があれば、タイトストップで短期的なショートを振ってみたいと思っておりますが、ここ最近は安全資産の受け皿として債券は買われるものの、ドルが買われていないのが実情ですので、この辺が苦戦を強いられている唯一の要因だと認識しています。冒頭でもお話したように、一部の通貨でドル買い、一部の通貨でドル売り、というまだら模様ではありますので、ECB金利および声明が公表されるまでは、ユーロに関してもドルに関しても身動きが取れないというのが実情かと思われます。ユーロドルは1.39バックのショート、ケーブルに関しては、昨日の建設業PMIが市場予想を超えていることから、今晩のサービス業PMIも上振れリスクが高いのではないかと見ております。

では、この後も頑張りましょう!

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  2. 2

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  3. 3

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  4. 4

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  5. 5

    東京都心に住むコストをケチってはいけない

    内藤忍

    08月04日 11:37

  6. 6

    オリ・パラ後の新国立は誰のためのスタジアム? - 上林功 (追手門学院大学准教授)

    WEDGE Infinity

    08月04日 09:49

  7. 7

    菅政権の自宅療養方針に与党議員が批判?? 無責任な姿勢は最低なパフォーマンス

    猪野 亨

    08月04日 14:17

  8. 8

    有害な言論はどこまで警戒すべきか?

    元官庁エコノミスト

    08月04日 15:07

  9. 9

    東京都で新たに4166人の感染確認 過去最多 重症者は3人増の115人

    ABEMA TIMES

    08月04日 17:04

  10. 10

    五輪マラソンで札幌は再び医療崩壊の危機

    田中龍作

    08月04日 19:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。