記事

米国の長期金利が反転している理由

 米国の長期金利(10年物国債の利回り)が10月28日頃から反転、つまり上昇しだしているのですよね。

 グラフをご覧ください。


 上昇しているといっても、水準自体はそれほど高くなっている訳ではありません。

 でも、急に上がりだしたって感じでしょ?

 では、何故上がり出しているのか?

 マーケット関係者によれば、それはFRBが12月にゼロ金利の解除、つまり、金利の引き上げに踏み切るのではないかという見方が増えているからなのだとか。

 では、何故12月の利上げ説が増えてるのでしょうか?

 10月28日に発表になったFOMC(公開市場委員会)の声明文が前回と違っているからだと言うのです。

 9月の声明文と10月の声明文を比べてみましょう。
 
<9月17日>
To support continued progress toward maximum employment and price stability, the Committee today reaffirmed its view that the current 0 to 1/4 percent target range for the federal funds rate remains appropriate.

「雇用の最大化と物価の安定を引き続き前進させるために、当委員会は、本日、フェデラルファンズレートを0〜0.25%に据え置くことが適当であるとする考えを再確認した」

In determining how long to maintain this target range, the Committee will assess progress--both realized and expected--toward its objectives of maximum employment and 2 percent inflation.

「この誘導目標(政策金利の水準)を何時まで維持するかを決定するに当たり、当委員会は、雇用の最大化と2%のインフレ率という目標に向かってどれだけ進展(実績値と予想値の双方で見て)しているかを評価することとする」

<10月28日>
To support continued progress toward maximum employment and price stability, the Committee today reaffirmed its view that the current 0 to 1/4 percent target range for the federal funds rate remains appropriate.

(同上)

In determining whether it will be appropriate to raise the target range at its next meeting, the Committee will assess progress--both realized and expected--toward its objectives of maximum employment and 2 percent inflation.

次回の会合でこの誘導目標(政策金利の水準)を何時まで維持するかを決定するに当たり、当委員会は、雇用の最大化と2%のインフレ率という目標に向かってどれだけ進展(実績値と予想値の双方で見て)しているかを評価することとする」

 どこが違うかと言えば…

 「この誘導目標(政策金利の水準)を何時まで維持するかを決定するに当たり」という文章に「次回の会合で」という文言が付け加わったために、12月に利上げされる可能性が大きくなったと考えるべきなのだ、と。

 どう思います?

 まあ、それもあるとは思うのですが…

 でも、ここに来て中国が米国債を売る動きに出て、米国に揺すぶりをかけ始めているのではないかと私は思っています。

 だって、米国が南シナ海でイージス艦を航行させたりするからです。

 中国だって、その気になれば、いろんな対抗策があるのだ、と。
 
 それに、今後米中間でさらに緊張が高まるならば、そんな状況でFRBが金利の引き上げを決定できるかと言えば…できないでしょ?

 なのに、長期金利が上がる訳ですから。

あわせて読みたい

「」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。