記事

推薦入試について

東大などの推薦入試施行の報道は、公平性や公正性を希求して入試を規定していた人には到底容認しがたいことでしょう。実際、運用上も大学サイドからしたら手間がかかって、面倒くさいことはこの上ありません。

しかし、「公平」とか「公正」とかいうコンセプトは、言い換えれば「間違えてはいけない」という無謬主義なんですね。

しかし、学問の世界は「どんだけ間違えるか」の方がずっと大事なんです。エジソンが「失敗したことは1度もない、うまくいかない方法を新たに見つけ出しただけだ」と述べたように。失敗こそが最大の学びなのです。なのに大学自体が「失敗してはならない」という呪縛に囚われていてはまったくの本末転倒です。

今うちの娘たちが驚異的な速度で日本語を習得していますが、間違えだらけです。間違えだらけながら、覚えるのが速い。あと、わからないことだらけなので質 問しまくる。こういう態度は日本では6歳まで。小学校に入ると途端に「間違えてはならない」「質問をするより答えを出す方が偉い」という教育スキームに組 み込まれて、間違えるのはダメ、質問ばかりしているのは授業についていけない劣等生、という誤った捉えられ方をされます。こうして真の知性が損なわれていくのです。

よく日本人には 語学力がないと言いますが、あれは文科省が構造的に日本人から語学力を奪ってるのだと僕は思います。すなわち、間違えることを許容する教育態度、答えを出 すよりも質問を想起する能力です。この二つが初等教育から保証されていれば日本人の外国語習得能力は飛躍的に伸びることでしょう。

そりゃ、推薦入試で入学した人の中には「失敗」もあるでしょう。しかし、失敗がなければ挑戦とは定義上呼べないわけで、それは織り込み済みにすべきなのです。多様な人材を発掘しようとすれば失敗は必然的に出てきますが、だからなんだというのでしょう。プロサッカーでは毎年新しい選手と契約しますが、全員が期待されたパフォーマンスを示すとは限りません。かといって無難にパフォームで きる人ばかりを集めても勝てるチームにはなりません。失敗込みで勝てるチームになれば良いのです。というか、従来の入試はワンドメインの能力だけを担保し ていて他は全くノーガードだったため、ある意味構造的に「失敗し続けていた」というべきなのかもしれません。ただ、昔からの大学入学が直接就職につながり、就職につながれば人生は成功という、いわば作られた物語の中でその失敗が巧みに隠蔽されてきただけです。

が、現在のように井の中の蛙的な「物語」が崩壊している中で、ましてや世界とガチンコで勝負しようという世知辛い世の中では、とてもそういう人材では通用しません。てな訳で東大や京大の決断は、いろいろ大変とは言いながら、必然なのだと思います。多様性の許容は良いことなのです。

あわせて読みたい

「大学入試」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  6. 6

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  7. 7

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  8. 8

    日本は中国に毅然たる態度で臨め

    野田佳彦

  9. 9

    監視されてる? リモート疲れ限界

    NEWSポストセブン

  10. 10

    就職に不利 日本で進む博士離れ

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。