記事

人民元上昇の3つの理由

 人民元が10年ぶりの上昇率を示したと報じられています。

 「30日の上海外国為替市場で中国・人民元が急伸した。終値は1ドル=6.3175元と前日比0.62%上昇した。一日の上昇率としては中国が人民元改革に踏み切った2005年7月以来、約10年ぶりの水準」(日経)

 何故このように急上昇しているのかと言えば、「中国人民銀行(中央銀行)が上海と香港両市場で人民元買い・ドル売りの為替介入に踏み切った」からではないか、と。

 どう思います?

 人民元買い・ドル売りなんですって。

 あれっ、と思った人がいるかもしれません。

 何故かと言えば、中国は、輸出促進のために人民元を売って人民元レートが上がらないようにしているのではないか、と。

 中国経済が減速しているなかにあって、人民元を買い人民元の価値を上げるようなことがあるのか、と。

 どう思います?

 中国は、輸出が減少し、経済成長率が落ちてもやむを得ないと考えているのでしょうか?

 仮に、それが事実だとすれば、何故そのような判断に至ったのでしょうか?

 私は、それには3つの理由があると考えます。

 先ず、第一の理由としては、中国の景気減速を背景として資本の流出が止まらないことがあると思うのです。

 確かに、輸出を支えるために人民元のレートを低く保ちたいが、その一方で、資本の流出がこのまま続くことを見逃す訳にはいかない、と。

 第二の理由としては、人民元をSDRの構成通貨として認めさせるためである、と。

 中国は、人民元を国際通貨として育て上げ、将来的には基軸通貨として通用させる野望を有していると思われますが、そのために人民元のレートが市場実勢によって自由に変動するという証拠を見せつけたかったのではないでしょうか。

 しかし、理由はそれだけではありません。

 三つ目の理由があるのです。中国は、米国のFreedom of Navigation 、航行の自由作戦に対抗するために、為替介入したのではないでしょうか。

 では、何故人民元を買い、ドルを売ると米国への対抗策になるのでしょうか?

 人民元が強くなる一方で、ドルが弱くなれば…

 米国の輸出産業を支援することになる? つまり、米国に恩を売って、南シナ海の埋め立ては、見て見ない振りをしてもらう作戦なのでしょうか?

 その意味も少しはあるかもしれません。しかし、そうではないかもしれません。

 では、何故?

 それは中国が米国債を売っていることを臭わせているのではないか、と。中国が手持ちの米国債を売りに出せば、ドルの価値は下がる、と。この先も、米国債を売り続けていいのか、と米国を脅かす意味が含まれているのではないでしょうか?

 つまり、どちらにも受け取れる曲玉を投げた可能性があるのです。

 果たして、その曲玉を米国はどう処理するのか?

 やっぱり、軍事基地の工事は今後も続き、そして、その近くを米軍の駆逐艦がうろつくというおかしな光景が続くことになるだけではないでしょうか。

あわせて読みたい

「中国経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  2. 2

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    NT誌東京支局長の日本非難に苦言

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  5. 5

    自粛要請も休業判断は店任せの謎

    内藤忍

  6. 6

    小池知事は検査数少なさ説明せよ

    大串博志

  7. 7

    五輪特需失ったホテル業界に危機

    ロイター

  8. 8

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  9. 9

    緊急事態宣言は拍子抜けする内容

    青山まさゆき

  10. 10

    武漢のコロナ対応「高度だった」

    渡辺千賀

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。