記事

1.38抜けでワン・ツー・フィニッシュ

みなさん、こんばんは!
為替千里眼、やはりドル円は81円Midまで軟化してしまいましたが、その代わりにストレートは軒並み大幅上昇、ドル全面安の状況となっております。むろん、クロス円も低調な動きとなっておりますが、欧州勢の動きも一巡したことから、若干の戻りも期待しつつも、この後のNY勢の動向が非常に気掛かりでもあります。東京株は3営業日ぶりの反発、ダウ先も現状プラス50ドル付近での推移となっておりますので、株高を背景にリスク志向が再び台頭すれば中長期金利の上昇からドル円もある程度戻すとは思いますが、引続きテクニカル面でも下方向のバイアスが強いため、81.50割れには警戒しておきたいところではあります。

さて、欧州タイムでの各国材料ですが、欧PMI製造業は4月以来の高水準、英PMI製造業も市場予想を遥かに上回る好結果となり、共に上げ幅を拡大しております。ユーロドルは気が付けば1.38手前、ケーブルも1.61Mid付近まで上昇し、ケーブルは好転状態、ユーロドルもあと一歩という状態ですので、ECB会合までにもうひと伸びありそうな雰囲気です。ケーブルに関しましては、先週のGDPのネガティブサプライズから急激に地合いを改善させておりますが、今回のGDPの悪結果の主要因は悪天候で、昨年も同様に悪天候によって成長率が押し下げられたこと、そして2010年1月1-3月のGDPは+0.3%を維持したことなどを考慮すると、今回の-0.5%となった4QGDPは相当に上方修正される可能性が高いという見方ができます。

米ISM-mfg各社予想
Wファーゴ:59.0
バークレイズ:58.0
NYメロン:58.0
シティ:57.9


ここ最近、シカゴPMIは相当に強めな数値となっておりますが、連銀インデックスもそれなりに強めな数値となっていることから、引続き堅調な数値が予想されるところです。12月データでは18の製造業のうち11業種が業況拡大を報告しており、引続きリスクとしてはアップサイドの可能性が高いと思われますが、反面雇用指数は鈍化した経緯がありますので、12月の鈍化に対する自立反発が見られるのか、それとも基調的な鈍化傾向が続いているのか、見極めの月だと判断されます。

NY序盤から引続きドル売りが継続しているような状況ですが、ドル円に関しては既にデイリーのモメンタムのトレンドも切れてしまっておりますので、50割れの可能性が高まりつつも、ストレートは一段の上昇が見込まれる部分です。過熱感は否定できませんが、ユーロドルの61.8%戻し水準となる1.37Highを明確にクリアできれば、遅行スパンの好転も合わせ上値は相当に開けるようなイメージですので、1.38からの伸びに期待すべきか、1.38バックのショートか、悩ましいところかもしれません。

では、この後も頑張りましょう!

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  3. 3

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  4. 4

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  5. 5

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  7. 7

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  9. 9

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

  10. 10

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。