記事

マイナンバー、よくある10の誤解

https://gyazo.com/bacfb687752d5f3e6c93a456e57e5337


1. 1番から順番に割り振られるわけではない。 「マイナンバーの0000-0000-0001って誰に割り振られるんだろう」というツイートを見かけたが、マイナンバーはすでにある住民票コードから生成されるので、1番から順番に割り振られるわけではない。「000000000001番は天皇じゃないか?」と言ってる人もいるが、天皇にマイナンバーは無い。(住民票がないから。)


2. 暗証番号がある

 これは本当に知らない人が多いみたいだが、マイナンバーカード(個人番号カード)には暗証番号がある。

 マイナンバー歴44年の僕から一言 | パックン(パトリック・ハーラン) | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

 お笑い芸人のパックンが「そもそも詐欺防止対策がどうなっているのか」と言い「暗証番号があってもいいかも」と言っていて、たくさんの人が同意していたけど、マイナンバーカード(個人番号カード)には暗証番号が付いている。
 役所の窓口に取りに行ったとき暗証番号の設定を求められるだろう。暗証番号は少なくとも二種類ある。マイナンバーカードを取得しようと思っている人は二種類の暗証番号(※一つは英数字なのでパスワードみたいな感じ)を考えておいたほうがいい。(暗証番号を付けないこともできる。)
 来年(2016年)になって、役所の窓口に行ってから暗証番号の設定を求められて「えっ」となる人が多そう。(その時期になったら各種メディアで周知があるだろうが。)


3. 米国のSSNとはセキュリティモデルが違う

 これもまたパックンの記事を読んで、「どうして日本はアメリカのようなマイナンバー先進国の失敗事例に学ばないんだろう」と言ってる人がたくさんいたが、マイナンバー制度はアメリカのSSN(社会保障番号)とは、かなり仕組みが異なる。
 アメリカではSSNの番号を多くの場面で利用することで「共通番号化」しているが、日本のマイナンバー制度では、年金番号や保険証の番号などそれぞれの番号は別々にしたままにして分散管理の手法を取っている。これにより、個人情報が芋蔓式にバレるのを防ぐ仕組みになっている。日本のマイナンバー制度は、先進国の失敗事例を踏まえて作られている。


4. 番号に意味はない

 「マイナンバーって、分かる人が見たら、番号から地域とか年齢とか分かっちゃうんだろうなあ」と言う人がいるが、マイナンバーは運転免許証の番号と違ってそのような“意味”を持っていない。上四桁が地域を表していて、中四桁が年齢(生年)を表していて、ということはない。


5. 本人証明の手段になる

 「住基カードを廃止して、運転免許証もパスポートも持ってない私はどうやって身分証明したらいいんだ」と言ってる人がいたが、マイナンバーカード(個人番号カード)もちゃんと本人確認の手段として使える。


6. マイナンバーの拒否はできない

 「マイナンバーは拒否できます!」と言っている人がいるが、マイナンバーは拒否できない。通知カードは簡易書留で届くので、それを受け取らなければカードの受け取りは拒否できる。しかし、マイナンバーは住民票コードを元にすでに付番されているので、自分にマイナンバーが割り振られること自体を拒否することはできない。
 どうしてもマイナンバーを割り振られたくない場合は「海外に引っ越す」という手がある。


7. マイナンバーカードの所持は必須ではない

 これも勘違いしている人が多い。
 「マイナンバーカード受け取り拒否!」などと言っている人もいるが、そもそもマイナンバーカード(個人番号カード)は送られてくるのではない。自分で役所まで取りに行くのだ。そして持つことは必須ではない。持ちたくなければ持たなくてもいい。


8. 外国人でも日本に住んでいればマイナンバーは貰える

 「外国人はどうするんですか」と言う人がいるが、外国人でも日本に住んでいればマイナンバーは貰える。


9. 英語で「私のマイナンバー」は「my my number」とは言わない

 「あなたのマイナンバーを教えて」と言う時、「your my number」とは言わない。
 英語で「私のマイナンバー」は、「my individual number」。


10. マイナンバーは「他人に見られてはいけない」わけではない

 「そもそも他人に見られてはいけないはずの番号がカードの裏面に堂々と書かれているってのが理解できないんだけど…」と言っている人をよく見る。
 マイナンバーはむやみに「他人に見せてはいけない」のであり、「他人に見られてはいけない」わけではない。マイナンバーは他人に見られてもただちに個人情報が漏れるわけではないように制度設計されている。



 前回の記事「マイナンバー制度、五つの懸念点(2015/10/07)」でも書いたように私は基本的にはマイナンバー制度には反対に近い立場なのだが、他のマイナンバー制度を批判している意見や記事をいろいろと読んでいたら、あまりにもマイナンバー制度に対する誤解から来る批判がたくさん見られたので、この記事を書いた。

あわせて読みたい

「マイナンバー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  2. 2

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

  3. 3

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  4. 4

    橋下氏「緊急事態のためにも憲法改正をすべきだが、今の政治家には恐ろしくて任せられない」

    ABEMA TIMES

    05月06日 11:47

  5. 5

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  6. 6

    北米や中国で木材価格が高騰 日本は「買い負け」状態

    ヒロ

    05月06日 14:58

  7. 7

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  8. 8

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  9. 9

    中国で大食い動画に罰金160万円の衝撃! 日本も検討するべき5つの理由

    東龍

    05月06日 19:22

  10. 10

    菅政権の中途半端なコロナ対応

    大串博志

    05月07日 08:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。