記事

ヤマトHD、通期業績予想を下方修正 「メール便」廃止響く

[東京 29日 ロイター] - ヤマトホールディングス<9064.T>は29日、2016年3月期の通期連結業績予想を下方修正したと発表した。営業利益予想は前年比0.1%増の690億円(従来予想720億円)に引き下げた。「クロネコメール便」廃止による影響を新商品で補えず、上期の売上高・営業利益は当初の計画に対し未達となった。

売上高予想は前年比1.3%増の1兆4150億円(同1兆4300億円)に見直した。通期の宅急便取扱い数量予想はこれまでの17億5000万個から17億3500万個に引き下げている。

上期は「クロネコメール便」に代わる新たな商品「クロネコDM便」が想定を下回って推移した。下期の宅急便事業については「新商品の数量増や通販市場の伸びが見込まれている」(芝﨑健一常務執行役員)という。

トムソン・ロイターの調査によると、今期営業利益に対するアナリスト17人の予測平均値は707億円。新たな会社予想はこれを下回っている。ヤマトHDの15年4─9月期の連結業績は売上高が前年比1.6%増の6837億円。営業利益が同15.4%減の180億円だった。

宅配事業で競合する日本郵政<6178.T>が上場を控えているが、同社に比べ予想配当利回りが見劣りする現状については「あまり意識はしていない。当社は増配を続けているうえ、ROE(株主資本利益率)目標も数年前から掲げている」(同)と指摘。足元では「資本政策というよりは業績を伸ばしていく」(同)と述べ、営業活動に力点を置く考えを示した。

(長田善行)

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    学習指導要領を無視する朝鮮学校

    赤池 まさあき

  8. 8

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  9. 9

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    「007」初代ボンドの俳優が死去

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。