記事

今年最初のG4テクニカル

1/2
みなさん、こんにちは!

為替千里眼、2011年最初のマーケットが始まりましたが、本邦勢はお正月休み最終日ということもあり、まだマーケットに参加している方も限定的なのではないかと思います。今晩からは早々にISMなどの重要材料も控えていることから、夜までには明日のお仕事の準備とマーケットに対する心構えは戻しておきたいところではありますが、現状は昨年末に急反発となった対ドル通貨のアンワインドに対する巻き戻しが優勢となっており、やはりフローが主導の展開が中心です。特に神経質になるほどの動向ではありませんが、まずは年初ということもありますので、今週のG4テクニカルと水準チェックだけは押さえておきたいと思います。

USDJPY Daily



年末の限られたフローの中でもこれだけの下落となりましたので、ある程度の自立反発は期待したいところですが、既に全戻しが視野入りしておりますので、短期的な反発があっても戻り売りは出やすいと思われます。戻り目処となるのが目先82円で、あとは50銭刻みでの戻り、均衡表の雲下限となる82円Mid付近までは反発余地を残しておりますが、遅行スパンが明確に陰転している以上は、反発に賭けるよりかは戻りに徹した方が良いかもしれません。今週は多彩なマクロも控えておりますので、調整的な戻りはあっても基調的な反発は、マクロの結果を見たうえでの判断となりそうです。

EURUSD Daily



また、この鬼門となる1.34アラウンドがトピッシュとなっておりますが、下値は切り上がりでアセンディング気味となっていることから、チャート形状としては悪くないとイメージしております。ただ、下値余地は依然1.32アラウンドとなり、モメンタムで見てもさほど上値余地がないことから、モメンタムガ下がるまで押し目待ちという状態で、それでも仮に1.32Lowで拾ったとしても基調的な反発というよりかは、再び1.34程度と捉えておいた方が良いと思います。

トピックス

ランキング

  1. 1

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  3. 3

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  4. 4

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  5. 5

    リモートワーク全否定企業が危機

    城繁幸

  6. 6

    給付金は必要 麻生氏発言に抗議

    田中龍作

  7. 7

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  8. 8

    ポリコレ求める人が無視する事実

    PRESIDENT Online

  9. 9

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  10. 10

    河野大臣は自民の救世主になるか

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。