記事

米中の軍事的衝突は回避されると考えるこれだけの理由

 先日、米海軍のイージス駆逐艦が中国が造成した人工島の12カイリ内を航行したと報じられました。そして、中国はそれに強く反発し、南シナ海をめぐる緊張が高まっている、と。

 きな臭い動きですね。

 オバマ大統領は本気なのでしょうか? そして、中国は米国の警告をこのまま無視し続けるのでしょうか?

 中国の態度に関して、BBCは、次のように報じています。

 The Global Times - which is owned by the Chinese Communist Party's newspaper People's Daily - published an English-language editorial titled "After the show, it's time for US destroyer to leave".

 「中国共産党の人民日報の子会社のグローバルタイムズは、『ショーが終われば、米国の駆逐艦は去る』と題した社説を掲載した」

 "We should stay calm. If we feel disgraced and utter some furious words, it will only make the US achieve its goal of irritating us," it said.

 「冷静であるべきだ。侮辱されたと思い、怒りの言葉を発するならば、それは米国の思うつぼだ」とも言う。

 It added that Beijing should deal with Washington tactfully and "prepare for the worst".

 「ワシントンとは上手に対応し、『最悪の事態に備える』ことも必要だと、加えている」

 "This can convince the White House that China, despite its unwillingness, is not frightened to fight a war with the US in the region, and is determined to safeguard its national interests and dignity."

 「これによって、中国は、そうしたいと望むわけではないが、この地域において米国と戦うことを恐れはしないということ、そして、国益と権威を守る決意でいることをホワイトハウスに分からせることができる」

 如何でしょうか?

 私の受けた印象では、中国は、米国と衝突したいとは決して思っていない。しかし、その一方で、南シナ海における中国の権益を確保することは決して譲れない、と。

 でも、米国としても、中国が南シナ海の岩礁を埋め立てて軍事基地にするようなことは決して許されない、と。岩礁は岩礁であって島ではないのだから、と。

 では、黙認できないことをする中国に対して、米国はどうやって言うことを聞かせるのか?

 お分かりになりますか? だから、米国としては、その埋め立てがなされた岩礁の12カイリ内を航行する作戦に出たのです。

 中国は、そこに軍事基地を建設して、その地域一帯に対する権益を主張するつもりだろうが、その地域は、国際法で船舶の自由な航行が認められた地域なのだから、駆逐艦を航行させるぞ、と。

 中国としては、軍事基地を作ったものの、米軍の駆逐艦がそのすぐそばを始終うろついていたら面目丸つぶれ!

 それを米国は狙っているのです。つまり、中国の軍事基地の建設を実力(武力)で阻止することまではしないが…その地域を米軍の駆逐艦が航行することによって精神的なプレッシャーをかける、と。

 この後、どういう展開になるのでしょうかね?

 なんかかつての西部劇の決闘シーンを見ているような気もします。

 相手が先に拳銃に手を掛けたから、俺は反撃しただけだ、と。

 多分、米国はどんなことがあっても、岩礁の埋め立て工事程度で軍事行動に踏み切ることはないでしょう。

 両国の武力衝突があるとしても、そうした米国の行動に業を煮やした中国が米国の駆逐艦を追っ払うために短気な行動にでた場合だけでしょう。

 でも、だからこそグローバルタイムズは、「冷静であるべきだ。侮辱されたと思い、怒りの言葉を発するならば、それは米国の思うつぼだ」と言っているのです。

 では、米国と中国は、このまま睨みあった状態を続けるのでしょうか?

 多分そうなるのではないでしょうか。つまり、岩礁の上に中国の軍事基地が建設され、そして、そのそばに米国の駆逐艦が停泊する、と。

 なんと皮肉なことではないでしょうか?

 私の言っていることはおかしいですか?

 確かにおかしい。

 しかし、よく考えたら幾ら米国が中国の国際法を無視した行動に憤慨したからといっても、中国は、世界一の米国債の保有国ですから、言うなれば中国は米国の債権者。

 その債権者に対して、多少不満があっても、軍事的行動に訴えるなんてことがあり得るでしょうか?

 絶対にないとも言えないでしょうが、でも、やったら米国債が売却され、米国経済のみならず世界経済が大混乱してしまうのです。

 ということで、そう簡単に軍事衝突は起こらないと私は考えています。

あわせて読みたい

「南シナ海」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  3. 3

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

  4. 4

    田嶋陽子氏に「時代追いついた」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    アビガンで勝負に出た安倍首相

    天木直人

  6. 6

    自民議員 ABC予想の証明を称賛

    赤池 まさあき

  7. 7

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  8. 8

    各国と異なる日本の死亡者数推移

    小澤 徹

  9. 9

    山本太郎氏 山尾氏はスター選手

    田中龍作

  10. 10

    コロナ軽視? 不可解な愛知県知事

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。