記事

FOMCでは現行の政策金利を維持 しかし「次のFOMCで利上げすべきか進捗状況を見極める」と強い表現で利上げを示唆

連邦公開市場委員会(FOMC)では現行の0~0.25%のフェデラルファンズ・レートが維持されました。

しかし声明文の中で「次のFOMCで利上げすべきか進捗状況を見極める」という強い表現で利上げの示唆がありました。

これは明らかにいままでより一歩踏み込んだ表現です。

また中国経済の鈍化に伴う8月以降の世界市場の荒れに関しては、もはやFRBは余り気にしていないことがシグナルされました。

その反面、インフレ・リスクは最近一段と後退した観があり、「2%のインフレ目標にむけてリーズナブルに自信が持てる状況」とはかけ離れていることが指摘されました。

労働市場に関しても「もう少し改善を見たいところだ」としています。


■ ■ ■

さてここからは僕の感想ですが、最近出たベン・バーナンキの回顧録「The Courage to Act」でバーナンキは:

Making politically unpopular decisions for the long-run benefit of the country is the reason the Fed exists as a politically independent central bank.
(長期で見て国にとって良いことを、たとえ不人気な政策でも決断することが、中立な立場を堅持するFRBのような中央銀行の存在意義だ)

と語っています。いまイエレン議長はまさしくその不人気な決定をしなければいけない局面に来ているというわけです。

タイミング的にはそれをやるには絶妙かつ適切な瞬間だと思います。

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  4. 4

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  5. 5

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  6. 6

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

  7. 7

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  8. 8

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  10. 10

    慰安婦団体 真の目的は日韓分断

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。