記事

「野党の選挙協力なければ自民改憲草案も」SEALDsが危機感

画像を見る

来夏の参院選に向けて記者会見するSEALDsメンバー。=28日、日本外国特派員協会 写真:筆者=

 「今これだけ異常な状態なんだからきちんと野党が協力しないと選挙に勝てないし、もし選挙に勝てないとどうなるのか。自民党の改憲草案も視野に入ってくる…」
 
 SEALDsメンバーの諏訪原健氏は危機感もあらわに語った。

 安保反対運動をリードしてきたSEALDsが、きょう、日本外国特派員協会で記者会見した。

 来夏の参院選に向けてSEALDsは戦略を提唱した。戦略は大きく2つだ。

・安保法案に賛成した議員を落選させる
・統一候補を応援する

画像を見る

この日は5野党がSEALDsの集会に馳せ参じた。影響力は計り知れないものがある。スピーチするのは生活の党の玉城デニー幹事長。=18日、渋谷 写真:島崎ろでぃ=

 諏訪原氏によれば、二大戦略は「野党の選挙協力が実現した場合」が前提となる。

 だが肝心の野党共闘はお寒い限りだ。野党第1党の民主党は共産党への対応で迷走し、第2党の維新はお家騒動でガタガタなのである。

 選挙協力したところで共闘の中心となる民主党の評判が悪すぎる。

 民主党と維新を中心にした野党共闘で選挙を戦ったら、野党全員で沈むことになる。結果として、また、また、また自公が勝つのだ。

 新しい政治勢力が生まれるか、民主党が解党して野党再編となるか。小手先の選挙協力でどうかなるものではない。

 このままズルズルと行けば、日本国民が選挙で真性の独裁政権を誕生させるという悲劇が起きるだろう。

    ~終わり~

あわせて読みたい

「SEALDs」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    トランプ氏の大相撲観戦に苦言

    早川忠孝

  2. 2

    反安倍勢力を警察が「予防拘禁」

    田中龍作

  3. 3

    トランプ来日はシンプルにいい話

    篠田 英朗

  4. 4

    夏のユニクロ肌着 苦手な男性も

    NEWSポストセブン

  5. 5

    賛同者も? 長谷川豊氏の差別発言

    非国民通信

  6. 6

    安倍首相は天皇の政治利用を慎め

    小宮山洋子

  7. 7

    サンジャポがねつ造か 非難の声

    女性自身

  8. 8

    首相は日米会談の合意内容明かせ

    大串博志

  9. 9

    山下達郎&まりやが海外で大人気

    NEWSポストセブン

  10. 10

    かぶる傘 五輪中なら悪くない案

    赤木智弘

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。