記事

名目GDP600兆円は3年で達成可能だと言う高橋洋一氏の説得力

 安倍総理が名目GDP600兆円を目標に掲げたことは皆さんご存知のことと思います。

 しかし、当初、600兆円の目標を掲げるのはいいが、いつまでにそれを実現するかという疑問の声が上がったのです。 総理は、期間に関しては何も言っていないではないか、と。

 すると、誰が言い出したか知りませんが、いつの間にか、それは2020年頃までに実現すべき目標だということになってしまいました。

 そうですよね?

 2020年までということは、あと約5年。

 でも、殆どの国民は、その目標が実現されることはほぼなかろうと思っています。否、殆ど関心がないと言うべきでしょうか。

 或いは、希には名目GDP600兆円の目標も達成可能であろうが、それはインフレにすればいいだけの話だなんて意見もあります。

 ということで、名目GDP600兆円なんていう話には殆ど関心をなくしていた矢先、名目GDP600兆円は可能だ、しかも3年で実現するなんてことを言い出している学者が現れました。

 一体誰なのでしょう、その人は?

 実は、その人の名は高橋洋一。

 まあ、この人の評価は、皆さん自身にお任せします。

 一部の人には相当人気があると言ってもいいでしょう。しかし、全く信用していない人も同じように多い。

 いずれにしても、何故高橋洋一氏は、名目GDP600兆円が、たった3年で達成可能だなんて途方もないことを言うのか?

 高橋洋一氏によれば、但し、3つの条件が満たされなければならないと言います。

(1)20兆円補正予算

(2)10%への消費再増税の凍結

(3)インフレ目標3%(日銀法改正)

 これらのうち一つでもかけては目標の達成はできない、と。

 どう思います?

 私、(3)の条件はおかしいと思います。というのも、幾らインフレ目標値を2%から3%へ引き上げたところで、実際にインフレにならなければ意味がないからです。

 では、どうやってインフレ率を上げると高橋氏は言うのでしょうか?

「マネタリーベースを今のペースより増やせば、インフレ率3%も達成できる、ということだ。ざっくりと試算すると、今の年間60−80兆円のマネタリーベース増加を100兆円程度に増やせばいいだろう」

 なんですって。

 しかし、幾らマネタリーベースを増やしたからといって、そう簡単にインフレが起きないのは、先日の「日本型量的緩和策の矛盾点」で私が指摘したとおりです。

 繰り返しになりますが、マネタリーベースを増やすことを目標にする限り、その目標値を設定した日銀としては、日銀当座預金勘定からお金が降ろされては困るのです。

 だって、お金が降ろされてしまうと、マネタリーベースの目標が達成できませんから。しかし、その一方で、日銀当座預金勘定からお金が降ろされないことには、世の中に出回るお金の量が増えることもないので、インフレを起せない、と。

 百歩譲ってというか、千歩、否、一万歩譲って、3%のインフレ率が実現できたとしましょう。では、それで3年後に名目GDPは600兆円に達成するのか。

 今現在の名目GDPが500兆円だと仮定すると…

 1年後:500×1.03=515
 2年後:515×1.03=530
 3年後:530×1.03=546

 546兆円にしかなりませんね。

 高橋洋一氏は何を考えているのでしょう?

 「インフレ率が2〜3%になると実質成長率も2%ぐらいになるということが経験則でわかっている。経済環境がいいとそれなりに実質成長率も伸びるのだ」

 経験則で分かっている? 経済環境がいいとそれなりに実質成長率も伸びるのだ?

 しかし、そのようなことが当てはまるのは、戦後の日本のように人口が急増しているような場合だけでしょう。

 一体どうして労働力人口が減っている日本で、インフレが起きただけで潜在成長率(実質)が高くなるなんてことがあるでしょうか?

 一国の経済成長率を規定するのは、人口の増加率と資本の増加率、それに生産性の3つであるというのは、経済学の基本中の基本。

 でも、ここでも一応、高橋洋一氏の主張を受け入れて、インフレ率が3%に達した結果、実質成長率が2%ほどにまで高まり、名目GDPの成長率が5%程度になったと仮定してみましょう。

 再び、今現在の名目GDPが500兆円だと仮定すると…

 1年後:500×1.05=525
 2年後:525×1.05=551
 3年後:551×1.05=579

 579兆円にしかなりません。おかしいですね。

 しかし、ここで20兆円の補正予算が効いてくるのです。

 つまり、20兆円分の財政出動で、需要を20兆円追加すれば、名目GDPがほぼ600兆円に達する、と。

 いずれにしても、全く実現性のない条件を幾つも掲げ、それが満たされれば600兆円の達成が可能だなんてよく言えたものなのです。

 というよりも、本人は、どうせそれらの3つの条件が満たされる筈はないと見越した上で、この先、名目GDPがなかなか増えないことが確認されたとき、「俺の言うことを聞かなかったからだ」と言いたいだけなのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「アベノミクス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  3. 3

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  4. 4

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    武漢のコロナ対応「高度だった」

    渡辺千賀

  6. 6

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    「日本の雰囲気軽い」仏紙が指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  9. 9

    NT誌東京支局長の日本非難に苦言

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    自粛要請も休業判断は店任せの謎

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。