記事

ヒューリック、不動産投資のシンプレクス1550億円で買収へ=関係筋

[東京 28日 ロイター] - ヒューリック <3003.T>が不動産投資会社のシンプレクス・インベストメント・アドバイザーズ(東京都千代田区)を約1550億円で買収する方針であることがわかった。関係筋が28日、ロイターに述べた。ヒューリックはシンプレクスの不動産以外の資産をみずほ信託銀行に売却。みずほフィナンシャルグループ <8411.T>はこれにより、不動産運用を拡充する。

シンプレクスは、不動産開発のほか、不動産アセット運用会社のシンプレクス不動産投資顧問やシンプレクス・リート・パートナーズを保有。シンプレクス・リート・パートナーズは不動産投資信託のSIA不動産投資法人<3290.T>の運用会社。

ヒューリックがシンプレクスを買収した後にみずほ信託銀が取得するのは、不動産投資顧問とシンプレクスリートパートナーズなど。

みずほFGとしてリート運用会社の株式を100%取得するのは初めてとなる。不動産の運用の強化によって、グループとして安定的な手数料が見込めるビジネスを拡充する。

都心を中心にオフィスビルやホテルを保有するヒューリックにとっても、今回のシンプレクスの買収は、保有する不動産の拡充につながる。シンプレクスは東京ベイ舞浜ホテルや豊洲のオフィスビルなどを保有している。

シンプレクスは不動産投資ファンド、エートス・キャピタル・リアルエステート(本社ニューヨーク)が保有しており、2015年前半から入札が始まっていた。

森トラスト(東京都港区)やケネディクス <4321.T>のほか、米ブラックストーン<BX.N>、フォートレス・インベストメントグループ<FIG.N>、エリオット・マネジメントが入札に参加。ヒューリックは中国の安邦保険集団と最終選考に残っていた。

*内容を追加します。

(藤田淳子、取材協力:浦中大我)

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  6. 6

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  7. 7

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  8. 8

    日本は中国に毅然たる態度で臨め

    野田佳彦

  9. 9

    監視されてる? リモート疲れ限界

    NEWSポストセブン

  10. 10

    就職に不利 日本で進む博士離れ

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。