記事

ドル120円半ばで方向欠く、株安や米金利低下眺め

[東京 27日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点と比べ、ドル安/円高の120円半ばだった。朝方は輸出企業のドル売り/円買いが観測されたが、午後はマイナス圏で推移する日経平均株価や、米10年債利回りの低下などを眺め、ドル/円は方向感なく推移した。

正午から午後3時にかけては特段目立った材料がなく、120.50─60円台でもみあった。米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表をあすに控えてポジション調整主体の動きになったとみられる。

市場では「米国の債務上限問題がトピックになりそうだが、進展がみられない限りは積極的にやっていく参加者もいないのではないか」(邦銀)との声が出ていた。

きょうは一部で、欧州時間に発表される英国の7─9月期国内総生産(GDP)速報値が関心を集めている。英国の利上げへの思惑から「強い数字なら素直にポンド買いが強まるのではないか」(国内金融機関)との指摘がある。ポンド/円などに値幅が出るようであれば「ドル/円にも波及する可能性がある」(同)という。

<朝方は輸出企業のドル売り流入>

朝方121円付近で推移していたドル/円は、仲値に向けて120.70円台まで下押しされた。仲値通過後は小動きとなったが、正午にかけて中国の上海総合株価指数が下げ足を速めると、ドル/円も前日安値120.60円を下抜け、一時120.48円まで下落した。

下げを強めたのは、米海軍ミサイル駆逐艦の南シナ海での行動がきっかけになったという見方も出ていた。

ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 120.60/62 1.1062/66 133.42/46

午前9時現在 120.96/98 1.1057/61 133.76/80

NY午後5時 121.07/09 1.1058/60 133.88/92

(為替マーケットチーム)

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  4. 4

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  5. 5

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  6. 6

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  7. 7

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  8. 8

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  9. 9

    横浜スタジアム満員実験は無謀か

    WEDGE Infinity

  10. 10

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。