記事

「新自由主義」が加速する~大阪W選挙

画像を見る

「成長戦略」。安倍政権が好んで使うスローガンだ。官邸と橋下維新の浅からぬ関係の現れか。=25日、豊中市 写真:筆者=

 大阪維新の橋下徹代表が街宣車に上がると「ワーッ」という歓声と割れるような拍手が起きた。

 「大阪の自民党はロクでもない」「大阪を(財政赤字で)ニッチもサッチも行かなくさせたのは自・公・民ですよ」・・・

 対立構図を作って自らへの求心力を高める政治手法は、小泉純一郎首相(2001~2006年)によく似ている。

 既得権益と衝突しながら民営化を進めて行く手法も小泉・竹中政権とそっくりだ。

 維新の石原慎太郎代表(当時)は「維新のマニフェストは竹中(平蔵)が書いている」と暴露した(2012年11月30日、自由報道協会記者会見)。

 なるほど、と納得がいく。

画像を見る

大阪府知事選挙と大阪市長選挙に立つ維新の立候補予定者。=25日、通天閣下 写真:筆者=

 大阪維新のマニフェストは、ありとあらゆる行政サービスを民営化するのが真骨頂だ。「最先端医療の拠点づくり」といったTPP先取りの政策もある。

 チャキチャキの新自由主義である。先端医療導入による自由化で儲かるのは、アメリカの保険会社と製薬会社だ。

 11月22日投開票の大阪W選挙(府知事、市長)は、「維新」と「自・公・民・共」が激突する。都構想の是非を争った住民投票と同じ図式である。

 もはや「保守か革新か」「左か右か」は、対立軸ではない。大阪のW選挙は「対米追従の新自由主義か、否か」が争われるのだ。

画像を見る

叩きつけるような橋下代表の「自・公・民・共」批判に聴衆は沸いた。=25日、豊中市 写真:筆者=

 25日、豊中市で行われた橋下氏の街頭演説は聴衆であふれた。幹線道路をはさんで反対側も人で埋まった。

 自転車で訪れた地元の女性(60代)は興奮気味に話した。「革命家が出て来ないと、まったりとした日本は沈没するんじゃないか・・・」。

 橋下氏は大阪の自民党を こき降ろす 一方で「安倍自民党は絶好調です」と褒めちぎった。

 バラ撒きと経団連を中心とした既得権益の保護では、安倍自民も大阪自民も同じように思えるのだが。

 安倍官邸が目指す成長戦略と大阪維新のマニフェストは、コピーではないかと思うほど酷似している。

 W選挙で大阪維新が府知事選、大阪市長選挙を共に勝利すれば、安倍政権は対米追従の新自由主義をさらに加速させるだろう。

    ~終わり~

『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています

あわせて読みたい

「大阪ダブル選挙」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  2. 2

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  3. 3

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  4. 4

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

  5. 5

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  6. 6

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  7. 7

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

  8. 8

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  9. 9

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  10. 10

    「河野首相だけは絶対に阻止すべし」自民党の実力者4Aが密約を交わした残念すぎる理由

    PRESIDENT Online

    09月18日 10:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。