記事

何者にも邪魔はさせない。そして口汚い低次元の者と同じレベルに落ちる事はない。

この週末に、渡瀬裕哉さんの主宰する自由民権塾で講演させて頂く機会を得た。

坂本龍馬の船中八策、そして明治新政府の五箇条の御誓文、その理想に反した藩閥官僚政府に対する異議申し立てである自由民権運動、いずれもこの国の市井の人々の民度の高さを示すものである。

そして、明治23年の第一回帝国議会以来、この国の政治は吏党と民党の間で権力をめぐる攻防が繰り広げられ、在野の民党は官僚政府の懐柔や分断、内紛による自滅で敗北に次ぐ敗北を重ねてきた。「民力休養」「経費節減」を官僚政府に求めてきたのも同じである。いつの世も民党が官僚政府に求めてきたのは「国民負担の軽減」であり「無駄削減の行政改革」であった。

自由党、立憲改進党が解党に追い込まれた後の、星享、後藤象二郎らの手による自由民権運動の再興に淵源を持つ<平成の大同団結運動>は、この国に真に国民に立脚した民党を作り、その旗のもとに再結集を図る試みである。何者にも邪魔はさせない。そして口汚い低次元の者と同じレベルに落ちる事はない。

明治の自由民権運動の先人達が苦闘を重ねながら築き上げてきたこの国の政党政治の再構築を、誹謗中傷を浴びながらも、信念を持って進めていきたい。

あわせて読みたい

「柿沢未途」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国への防衛協力を即時停止せよ

    和田政宗

  2. 2

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  3. 3

    照射問題に前防衛相「怒り示せ」

    佐藤正久

  4. 4

    女芸人 大御所もセクハラはダメ

    たかまつなな

  5. 5

    SPA!に抗議した女子大生は危険

    小林よしのり

  6. 6

    高須氏がローラに理解示す 涙も

    田中龍作

  7. 7

    ヒカキン見るな 親の葛藤を痛感

    文春オンライン

  8. 8

    金持ちの道楽でない左翼が必要

    常見陽平

  9. 9

    ルノーが数日中にゴーン氏解任か

    ロイター

  10. 10

    無闇なインフル通院に医師が警鐘

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。