記事

BBCの記者が習近平主席に行った辛辣な質問とその答え

BBCの記者が習近平に辛辣な質問をしたとして注目を集めました。

 質問の内容はご存知のとおりです。
 
 で、それに対する習主席の答えも簡潔に報道されていたので、大体のところはご存知だと思いますが、では、キャメロン首相はなんと答えたのでしょう?

 ということで、本日は、記者会見の詳細を振り返ってみたいと思います。

Question

Thank you very much, Prime Minister. Prime Minister, if you were a steelworker who had lost their job yesterday, at the same time as seeing President Xi being ferried down Whitehall in a golden carriage, how would you have felt? Is there any price that’s worth paying in order to further our business interests with China?

「ありがとう首相。首相、もし貴方が昨日失業した鉄鋼メーカーの労働者だったとして、そしてまた、習近平主席が金の馬車に乗ってホワイトホールを通る様子を見たとしたら、どんな気持ちになるだろうか。中国とのビジネス関係を深めるためなら犠牲にしていいものがあるのか?」

And President Xi, why do you think members of the British public should be pleased to do more business with a country that is not democratic, is not transparent, and has a deeply, deeply troubling attitude towards human rights?

「習近平主席、何故英国の人々は民主的でなく、透明でもなく、人権に対し問題のある国とのビジネス関係を深めることを喜ばないといけないと思うか?」

Prime Minister
Well, let me deal very directly with the issue about steel, because we discussed today the importance of the steel industry, and I want a strong and robust British steel industry, and we discussed the problem of global oversupply. And China itself has plans to reduce that supply. But I would completely reject the premise of your question that either you can have an exchange with China about the issue of steel, or indeed about human rights, or you can have a strong relationship with China, which is good for business investment and growth.

<キャメロン首相>
「鉄鋼の問題について答えさせて欲しい。というのも、我々は本日、鉄鋼産業の重要性について議論したからであり、また、私は英国の鉄鋼業が強くなければいけないと思うからであり、さらに、世界的な鉄鋼の供給過剰について議論したからである。中国は供給を削減する計画を有している。しかし、私は、鉄鋼の問題、或いは人権問題に関して中国と話し合いをするのであれば、英国の投資や経済成長にとって好ましい中国との関係強化を放棄するしかない、或いはその逆、つまり、二つの要求の一つしか満たされないという貴方の考えは全く受け入れることができない」

My argument, and my contention after 5 years of doing this job, is that you can have both. Indeed, you must have both. The stronger our economic trading, business and other partnerships, the stronger our relationship and the more able we are to have the necessary and frank discussions about other issues. And it’s those discussions and that relationship that leads to that greater understanding that makes that positive.

「この立場に就いて5年経過した私の主張は、どちらの要望も満たすことができるというものだ。事実、そうでなければいけない。我々の経済的取引が盛んになればなるほど両者の関係は強化され、他の問題に対しても率直な議論ができ易くなる。生産的な結果を生み出す相互理解を深めるのはそうした率直な議論であり両国の関係である」

And what I would say to steelworkers in Britain is: we will take action here in Britain. We will take action on energy costs. We’ll take action to help make sure that we procure British steel for British projects. Where we can take action on tax and other issues, we will take that action. Where we can take action in the European Union, we will take that action.

「英国の鉄鋼産業の労働者に対して言おうとすることは、我々は英国内で措置を講ずるということである。エネルギーコストに関して措置を講ずる。英国のプロジェクトに対しては英国産の鉄鋼を使用させるようにする。税制面での措置も講じる。EUでもできることはする」

But actually, the investment we’re talking about today, we’re going to build a nuclear power station in Britain that’s going to have British steel. We’re building Crossrail under the streets of London right now, the biggest construction project anywhere in Europe, employing almost exclusively British steel.

「しかし、我々が本日話をした投資とは、英国内に原子力発電所を建設することに関するものであり、そのプロジェクトで英国産の鉄鋼を使うことになる。我々は、今まさにロンドンの通りの下にクロスレールを建設している。ヨーロッパで最大のプロジェクトであり、殆ど英国製の鉄鋼を使用している」

The infrastructure partnerships we’re talking about, the investment that we’re opening up, means more demand for British steel, because that’s the way we’re going to make sure procurement works in Britain. So, I totally reject the idea you either have a conversation about human rights and steel, or you have a strong relationship with China. I want both, and we’re delivering both, and it’s when you have that strong relationship and the strong partnership that we have, you’re able to discuss all of these issues.

「我々が話をしているインフラ・パートナーシップや開始しようとしているそのための投資が意味することは、英国産の鉄鋼需要が増えるということだ、何故ならば、そうすることによって調達を機能させようとしているからだ。従って、人権や鉄鋼の問題に関し中国と話をするか、或いは、そのようなことはせず中国との関係強化を図るという貴方の考えを私は全く受け入れない。両方が必要なのだ。我々は両方を実現する。そして、そうした力強い関係を築いたときにこそ、こうした問題を議論することができるようになるのだ」

President Xi Jinping
This journalist did not ask me, but I want to say something about the thing that you asked the Prime Minister, the iron and steel issue. The world is facing the overcapacity of iron and steel, not just the UK. This is because of the impact of the international financial crisis, the reduction of demand, and China’s iron and steel industry is also facing excess capacity and the challenge of how to absorb those capacity.


<習近平国家主席>
「この記者は私には質問しなかったが、キャメロン首相に質問した鉄鋼の問題に関して少し話をしたい。世界は鉄鋼の供給過剰に直面している。何も英国だけではない。これは、国際金融危機の影響でもあり、需要が減少したためでもある。そして中国の鉄鋼産業も供給過剰に直面しており、なんとかしてその過剰能力を吸収する必要がある」

And China has taken a series of steps to reduce the capacity. We have reduced it more than 700 million tonnes of production capacity, and you can just imagine our task of finding jobs for those workers. And the UK is an important partner for China for industrial cooperation. We should not just focus on the competition in this area.

「中国は、過剰設備の処理のために様々な措置を講じている。7億トン以上も生産設備を減らしてきた。そうした労働者が職探しをしていることが容易に想像できるであろう。そして、英国は重要なパートナーであるのだ。この分野における競争にばかり焦点を当てるべきではない」

We should see that by the end of our 2014, our investment in the UK totalled $12.8 billion, and we created 6,000 jobs in the UK. And this – during this visit, we’re going to sign a number of documents – cooperation documents, and such agreements will create even more jobs for the UK. We appreciate UK’s commitment to free trade. We hope that will further our industrial dialogue and cooperation. Through collaboration and cooperation, we will be able to resolve trade disputes and frictions, avoid protectionist measures, so that we will move forward our trade relations.

「2014年末までに、中国の英国における投資は128億ドルとなった。英国内で6000件の職を創造している。そして、今回の訪問期間中も多くの協定書に調印し、それによってさらに多くの職が創造されるであろう。我々は自由貿易に対する英国のコミットメントに感謝する。それがさらなる経済対話を進化させることを望んでいる。こうした協力のお蔭で貿易摩擦の問題を解決することができるようになるし、保護主義の台頭を回避することもでき、そうなればさらに我々の貿易関係は前進する」

And coming to the human rights issue that you asked, China attaches great importance to the protection of human rights. We combine the universal value of human rights with China’s reality, and we have found a path of human rights development suited to China’s national conditions. With regard to protection of human rights, looking round the world, we know that there is always room for improvement. All countries need to continuously improve and strengthen human rights protection to meet the needs of the time and the people. And on the issue of human rights, I think the people of our respective countries are in the position – in the best position to tell. And China is ready to, on the basis of equality and mutual respect, increase exchanges and cooperation with the UK and other countries in the area of human rights. Thank you.

「質問のあった人権問題については、中国は人権の擁護を重視している。我々は人権の普遍的な価値と中国の現実を同時に扱っている。中国の現状に適した人権保護の道を我々は見つけ出したのだ。世界を見回すと、人権の擁護に関して改善の余地が常にあることを承知している。全ての国が耐えず時代のニーズに合うように人権の改善、強化に努めなければならない。私は、それぞれの国の国民が人権について一番ものが言える立場にいると思う。そして、中国は、平等と相互尊重を基にして、英国やそれ以外の国々と意見交換の機会を増やす用意がある。ありがとう」


 如何でしょうか?

 キャメロン首相の考えは、AIIBに英国が参加することを決めた時と同じです。

 つまり、中国との関係を深めてこそ、中国に対しても建設的なことが言えるようになる、と。

 但し、そういってしまえば、取り敢えず現状を認めるしかなくなってしまうのです。

 そして、また、その考えが正しいとすれば、例えばロシアとの関係においても、ロシアに経済制裁をするのではなく、ロシアとの取引を益々盛んにする必要があるのですが…

 やっぱり二枚舌と言うべきではないでしょうか。

 だからこそ、英国国内でも批判が多いのでしょう。

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    自民重鎮 テレ朝・玉川氏に苦言

    深谷隆司

  3. 3

    個人事業主はマックの戦略に学べ

    かさこ

  4. 4

    倉持由香 誹謗中傷で弁護士依頼

    倉持由香

  5. 5

    大東駿介 水川との不倫に批判

    女性自身

  6. 6

    報ステの富川アナが嫌われるワケ

    渡邉裕二

  7. 7

    ウォン売り継続 地獄の韓国経済

    PRESIDENT Online

  8. 8

    「モニタリング小泉」議員が皮肉

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    「民度違う」麻生氏の発言が物議

    SmartFLASH

  10. 10

    AVからスカウト 嬉しい女性心理

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。