記事

本日成立した維新の党の新執行部は松野氏を有印私文書偽造、同行使罪で告訴することを決定した。 - 10月24日のツイート

永田町の30名にも満たない国会議員が何を言おうが、党大会の決定が全て。

政治家は勝負について的確な判断をする能力が必要。今回の維新の党の騒動では、勝負あり。党大会と執行役員会の決定のどちらが重視されるのか。単純な話。今回、自称執行役員会は大阪の地方議員150名超を除籍したが、皆不服申し立てをした。それについて自称執行役員会は何の判断もしていない。

選挙で選ばれた者が集まる党大会。永田町の30名にも満たない国会議員が何を言おうが、党大会の決定が全て。ましてや、4年前の大阪府知事選挙にびびって最後は出馬をやめた弁護士の、スカスカの意見書なんかで今日の党大会が無効になるわけがない。

お互いに政治家どうし。最後は多数決での決着になる。こちらが党大会を仕掛けたのなら、永田町の30名未満の国会議員も党大会で対抗すべきだった。それが政治家であり、民主主義だ。それを除籍処分と、スカスカの弁護士の意見書で対抗しようとした。永田町組はもう国会議員を辞めた方がいい。

政治は口だけでは動かせない。民主主義のプロセスが必要だ。今日の維新の党大会に対して無効を言うなら、一弁護士のスカスカな意見書ではなく、政治で対抗すべきだった。今の維新の党の永田町組は、どこまで行っても政治家にはなれない。少々お勉強のできる人の集団が関の山だ。

維新の党の今回の騒動は、政治そして民主主義そのもの。維新の党の永田町組は政治で対抗することを避けて、一弁護士の意見書だけで乗り越えようとした。お公家集団そのもの。選挙で選ばれた政治家集団の政党は、内部の問題については高度な自律権が保障される。すなわち自分たちで決めなければならない

議決権を有する特別党員が集まる党大会での過半数の決定が全てだ。これが理解できない国会議員は、国会や有権者の重要性も認識できていないのだろう。党の執行部など、党大会で一定期間雇われているだけだ。こんな単純なことも理解できない維新の党の永田町組は、即刻、国会議員を辞めるべきだ。

有権者の皆さん、本当に申し訳ありませんでした。本日、何とか臨時党大会で、維新の党の解党決議まで持っていくことができました。この後、粛々と手続きを進め、できる限り多くの政党交付金をお返しするように努めます。本当にすみませんでした。

党大会で議決権を有する特別党員の総数は430名。そのうち230名が本日、臨時党大会に参加した。全国から特別党員が大阪に集まった。そして委任状による参加者を含めると280名を超える。この党大会を一弁護士の意見書で無効と言うことは、民主主義の否定そのもの。政治家を辞めた方がいい。

政治家なら政治で対抗すべき。政党内部の問題にはそもそも司法は介入しない。一弁護士のスカスカの意見書と特別党員総数の過半数を超える特別党員が賛同したoneosaka.jp/news/%E7%B6%ADこの決議文。どちらに正統性があるかは一目瞭然。維新の党の永田町組は民主主義の否定者。

維新の党は、週明け、松野氏を刑事告訴するようだ。

維新の党の代表は馬場議員となった。松野氏は遅くとも平成27年10月1日以後は代表でないことが、党大会において特別党員総数の過半数を超える議決で確認された。

松野氏はつい最近、政党の事務所所在地などを変更する書類を維新の党の代表者として作成し、関係各署に提出した。本日成立した維新の党の新執行部は松野氏を有印私文書偽造、同行使罪で告訴することを決定した。維新の党は、週明け、松野氏を刑事告訴するようだ。

維新の党の永田町組が誤ったこと。行動を起こさず、永田町のわずか30名にも満たない国会議員だけで、そして一弁護士のスカスカな意見書を頼りに事を乗り越えようとしたこと。政治は民主主義のプロセスで事を動かすの使命。こちらが党大会を仕掛けたなら、永田町組も党大会で対抗すべきだった。

維新の党の永田町組が、一弁護士のスカスカの意見書に頼るなら、今回の大阪地方議員150名超の除籍処分もちゃんと弁護士に意見を求めるべきだ。このスカスカ意見書を書いた弁護士も、流石に今回の除籍処分を有効とは言えないはずだ。日本全国で、今回の除籍処分を有効と言う弁護士はいないだろう。

まず除籍の理由がない。そして手続きも踏んでない。不服申し立てにも応えていない。除籍理由は、大阪の地方議員が新党に参加表明をしたことが反党行為だと言う。まだ大阪の地方議員は誰も意思表明していない。維新の党の永田町組は大阪地方議員に何の確認もしていない。

大阪の地方議員は処分に不服申し立てをしたが、維新の党の永田町組はそれに対して何の対応もしていない。ほんとお粗末。今回のスカスカの意見書を書いた弁護士に、大阪地方議員150名超の除籍処分について意見を求めて、早く意見書を公開すべきだ。

維新の党の永田町組は、判断も実行も何もできない集団。こちらが臨時党大会を開くことに焦って、とりあえず大阪地方議員150名超を除籍処分にしてしまった。永田町組に参謀がいない証拠。今回の大坂での臨時党大会は画像を全てフルオープンにしている。問題があれば指摘して欲しい。

大阪は全てフルオープン。民主主義のルールに則り、物事を動かし、決める。維新の党の永田町組は、たった30名にも満たない国会議員が、密室で、議事録もきちんと残さないまま物事を決める。どちらが政治家の態度振る舞いとして相応しいか一目瞭然だ。最後は有権者のご判断だ。

維新の党はここまでの事態に陥った以上、いったん解党して政党交付金を国に返すべきだ。他党に回ろうとも今の維新の党が受け取る資格はない。有権者にお詫びして、皆リセットして一から出直し。そして次の選挙で審判を受ける。これしかない。維新の党の永田町組な何を考えているのかさっぱり分からない

31日に「おおさか維新の会」を立ち上げる

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151024-00000051-mai-pol これが自民・公明・民主・共産の政治の実態。何もしない政治。僕は間違ったことをやったかもしれない。やり過ぎたこともあったかもしれない。それは吉村さんが修復、再構築していく。しかし過去の何もしない政治にだけは戻してはならない。維新で前へ

政治は行動だ。維新の党の永田町組はお公家集団。口だけ。弁護士の意見書を頼りに党大会は無効、認められない、その繰り返しだけ。自分たちで党大会を開いて、自分たちの正当性を裏付ける行動には出なかった。これじゃとてもじゃないが国家運営などできない。31日に「おおさか維新の会」を立ち上げる

※この記事は橋下徹大阪市長のツイートを時系列順に並べたものです。

あわせて読みたい

「維新の党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沖縄慰霊 本土の捨て石だったか

    古谷経衡

  2. 2

    結婚しなくなった日本は先進国

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  3. 3

    首相へヤジに地元民「沖縄の恥」

    和田政宗

  4. 4

    宮迫・田村亮ら芸人11人謹慎発表

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    男逃走めぐる産経社説は撤回必要

    郷原信郎

  6. 6

    4年間は寮生活 松下政経塾の実情

    BLOGOS編集部

  7. 7

    自民 参院選前にかつてない逆風

    五十嵐仁

  8. 8

    戦後日本で活躍した天才の転落劇

    fujipon

  9. 9

    会社でキレる人が評価される理由

    非国民通信

  10. 10

    小沢氏は国民民主で役に立たない

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。