記事

自衛隊に戦死者 葬儀は武道館、日程もチェック済み

画像を見る

ネイキッドロフトでのトークイベント。右端は伊勢崎氏、左隣が井筒氏。=14日、新宿区 写真:筆者=

 (自衛隊が派遣されたイラク戦争で)戦死者が出たら武道館で葬儀することになっていた。武道館のスケジュールをチェックしていた。

 (武道館で葬儀を執り行うのは)国威発揚のため。安倍首相は来るに決まっている。自衛隊の儀杖隊、中央音楽隊も来るだろう

 こう語るのは元自衛隊レンジャー隊員の井筒高雄氏だ。(太字が井筒氏の発言)

 安倍政権は「安全だ、安全だ」と言って自衛隊を海外の紛争地帯に送り出す。言葉とはウラハラに実際は、葬儀の段取りまで決めていたのである。   
 井筒氏は続ける―

 今年入隊した非正規の自衛官は2千400人増えている。正規は1千人減らしている。これからどんどん海外に行く。あえて言えば死んでもいい人たちが。交代要員だから。

 盾になる非正規隊員は1年目、2年目の隊員でいい。10代、20代の。家族(妻子)のいる人が少ないので補償金が少なくて済む。

 命がカネに置き換えられ、非正規隊員の命が軽んじられる。アベ竹中政権の性格を象徴するようなシステムだ。

画像を見る

ソ連、アメリカ、古くは大英帝国も勝てなかったムジャヒディーンたち。=2002年、カブール郊外 写真:筆者=

 アフガニスタンで交戦各派の武装解除にあたった実績を持つ伊勢崎賢治氏も、安倍政権の欺瞞を指摘する。(太字が伊勢崎氏の発言)

 自衛隊の武器使用はPKO司令官の指揮下に入る。一体化するんです。一体化しないなんてのは大ウソ。

 「米軍の武力行使と一体化することはありません」。国会でアベ首相と中谷防衛相が繰り返し答弁していたが、あれは口から出まかせだったのである。

 伊勢崎氏は集団的自衛権行使の口実となった中国脅威論のマヤカシを明らかにした。

 核の抑止力で中国とアメリカが戦火を交えることがないことは20年前から分かっていた。テロとの戦いではアフガンのタリバンとの交渉のカギを握っているのは中国。

画像を見る

伊勢崎賢治氏は「(自衛隊が派遣される)南スーダンでは事件が起きる。(安倍政権は)それを待っているようでならない」と予言した。=14日、新宿区 写真:筆者=

 ベトナム戦争に続いて「勝てない戦争」となったタリバンとの戦いで、アメリカは中国に仲介の労をとってもらっている、というのである。

 中国の脅威がないと困る人がいる。恐怖をコントロールする。煽って予算をつけたいからだ。

 空(自)と海(自)、全部アメリカに組み込まれている。来年、(自衛隊の)中央即応集団がアメリカ軍と一体化する。これから日本はアメリカが起こした戦争に自衛隊を送る。その大前提が今回の安保法制だ。

  為政者は恐怖を作り出す。伊勢崎氏は幾度も強調した。

 井筒氏と伊勢崎氏が語る戦争のリアルは、マスコミの記事とは違って具体性に富む。想像の及ばぬ厳しい現実を日本人が知る日も近そうだ。

(本稿は去る14日、都内で行われたイベントで交わされた両氏の発言をもとに構成しました。)

~終わり~

『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています

あわせて読みたい

「自衛隊」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    張本勲氏のサンデーモーニング卒業「喝!」を入れ続けたハリーにあっぱれ!

    中川 淳一郎

    12月06日 10:40

  2. 2

    「もうやめました」パチンコ店に突撃した自粛警察が語る現在の心境

    石戸 諭

    12月06日 12:15

  3. 3

    「コールでも回し飲みでもない」保健所が見落としていた歌舞伎町の"本当の感染経路"

    PRESIDENT Online

    12月06日 15:53

  4. 4

    今年の目玉はマツケンサンバ!? NHK紅白歌合戦に漂う「終焉」の空気

    渡邉裕二

    12月07日 09:02

  5. 5

    ふるさと納税を毎年続けるのは「罪深い」行為?

    内藤忍

    12月06日 13:01

  6. 6

    新型コロナ下の報道と衆議院選の結果から見えた日本のマスコミの限界 - 佐藤敏信

    先見創意の会

    12月07日 09:23

  7. 7

    「オミクロン株」を語るのは時期尚早 医者の矛盾した発言に違和感

    自由人

    12月06日 09:32

  8. 8

    『テレビ千鳥』料理企画に仕掛けた“美味しさで包んだ悪意”

    いいんちょ

    12月06日 10:02

  9. 9

    「街の書店が消えてゆく」…書店をめぐる状況は今、とても深刻だ

    篠田博之

    12月06日 09:54

  10. 10

    久しぶりに『週刊さんまとマツコ』をみて驚いたワケ。

    メディアゴン

    12月07日 11:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。