記事

ビッグマウス日本一、目指すはディズニー【1】 -対談:gumi社長 國光宏尚×田原総一朗 - 田原総一朗の「次代への遺言」

村上 敬=構成 宇佐美雅浩=撮影

14年12月、東証一部に直接上場を果たしたゲーム会社gumi。だが、上場直後に業績予想を赤字に下方修正し、“上場ゴール”と非難を浴びた。騒動から半年、國光社長が現在の胸中をはじめてメディアに語った。

“gumiショック”いま真相を明かす


【田原】まずこの話から聞きましょう。gumiは2014年12月に上場しましたが、3カ月後には業績予想を営業黒字13億円から営業赤字4億円に下方修正した。株価はストップ安になり、ベンチャー企業の新規上場ブームに水を差す形になりました。世間では“gumiショック”と呼ばれていますが、どうしてこうなったのですか。

画像を見る
gumi社長 國光宏尚氏

【國光】無理だと思われるくらいの野心的な目標を掲げて、それに挑戦し、乗り越えていくのがベンチャー企業のやり方です。実際、僕たちも上場前の7年間は厳しい挑戦を重ねてきたし、ベンチャーキャピタルもそのことを評価して投資してくれました。しかし、上場後も同じことを続けたのがいけなかった。上場すれば世間の見方が変わるのだから、もっと保守的にやるべきでした。もちろん頭はそう考えていましたが、ベンチャーの意識が抜けていなかったというか……。これは大きな反省です。

【田原】下方修正したのは、商品が売れなくなったからですか。

【國光】今回の件で勘違いされることが多いのですが、成長が止まったわけではないです。僕らの2年前の売り上げが約55億円。次の年が約110億円で、今回約300億円という予想を出したら届かずに275億円だった。予想は下回りましたが、大きく伸びてはいます。最終的に営業利益も約4億円の黒字でした。

【田原】どうして届かなかったの?

【國光】ゲームが当たるかどうかは、実際に出してみるまでわかりません。いまはゲームの開発期間が長期化していて1年半ほどかかりますが、1年半先の世間の空気なんて誰も読めないですよね。結局、つくり手のエゴというか、こういうものをやってみたいんだという思いが入ったものをつくるしかなく、ヒットするかどうかは運しだい。今回は運が悪くて一部のゲームがヒットせず、そのぶん予想に届かなかった形です。

【田原】一連の騒ぎが「gumiショック」と言われていることに対して、どう受け止めていますか。

画像を見る

【國光】べつに法律に違反したわけでもないのに、という思いはあります。ただ、目標に達しなかったことは事実だし、株価が下がって損をした人がいたことも事実です。それらに対する責任は経営者として感じていて、まわりから言われることは仕方がないと思っています。これは結果で返していくしかない。いいゲームをつくって、世界中でヒットさせて、株価も上がって、みんなハッピーになってもらう。言葉でいろいろ説明するより、結果で見せるだけです。

【田原】凹まなかった?

【國光】凹むというか……、大河ドラマ『花燃ゆ』で吉田松陰が久坂玄瑞に「きみの志は何だね」と尋ねるところがあるのですが、そのシーンは何回も見直しました。僕の志は、エンターテインメントで世界1位になることでいいんだよなって。

【田原】従業員にはどのように説明したのですか。

【國光】みんなに集まってもらって、下方修正の原因はこれこれで、いまは大変だけど、夢は何も変わってない、だからがんばろうと話しました。

【田原】バッシングされたことで動揺した社員もいたと思うんだけど。

【國光】動揺はあったでしょうね。ただ、僕らがこれまで7年半やってきた中では、もっと厳しい場面が3回ありました。最初は月300万円の赤字で潰れかけて、次は従業員が増えていて月3000万円の赤字で潰れかけた。海外とネーティブゲームに挑戦したときは月に3億円の赤字で会社が存亡の危機に立たされました。今回はいろいろ書かれていますが、べつに会社が潰れるわけじゃない。いままで乗り越えてきたことと比べれば立ち直りやすいので、社員もそれほど不安にはなっていなかったんじゃないでしょうか。

【田原】もう1つ聞きたい。gumiショックの後、韓国の子会社で社員による横領事件が発覚しましたね。どうしてトラブルが続くんだろう?

【國光】会社って、いつも順調に成長できるほど甘いものではない。うまくいってはダメになり、そこを乗り越えて大きくなってはまたダメになるという繰り返し。だから失敗するのは、ある意味あたりまえだと思っています。大切なのは、誰よりも早く挑戦して、誰よりも早く失敗して、そして誰よりも早く復活すること。今回のトラブルも後ろ向きにとらえるのではなくて、失敗から学んで同じことを繰り返さない体制をつくり、次の挑戦につなげていきたいです。

「ビッグになる」と中国→アメリカへ


【田原】國光さんは高校を卒業後、中国の大学に進学したそうですね。日本の大学は魅力なかった?

【國光】日本というか、当時は大学に通ったら負けだと思ってました。

【田原】どういうこと?

画像を見る
gumi 社長 國光宏尚氏の経歴

【國光】僕は団塊ジュニア世代。受験戦争が激しくて、小学生のころから塾に通い、お正月から「常在戦場」と書いたハチマキをしめて勉強する子どもでした。進学した学校には同じような子どもたちがたくさんいて、なんとなく将来が見えてしまった。このままみんなと同じレールに乗ってもビッグになれないと思って大学受験をやめ、ひとまず2年くらい飲食のバイトをしていました。

【田原】でも、バイトするだけじゃビッグになれない。

【國光】そうなんです。そのことに気づかせてくれたのが阪神淡路大震災です。僕は神戸の出身で、まわりには亡くなった人も大勢いました。人の生き死には紙一重だという現実を突きつけられて、「自分はまだ何もやってない。今日死んだら絶対後悔する」と痛切に感じました。それでとにかく環境を変えようと思って、中国の大学に行きました。

【田原】どうして中国?

【國光】21世紀はアメリカと中国の時代だと考えていたので、そのどちらかに行くつもりでした。ただ、アメリカは物価が高い。一方、中国は学費と生活費で年間50万円くらい。バイトして貯めたお金で行くなら、やっぱり中国だろうと。

【田原】それでせっかく上海の復旦大学に入ったのに、中退しますね。

【國光】中国でも自分の人生が見えてきちゃったんですよね。当時、日本は景気が悪く、多くの日本企業が中国進出を検討していました。僕は通訳のバイトをしていて、日本企業を騙そうとしている中国人の言葉をそのまま訳さず、「相手は高く売ろうとしていますよ」と教えたりしていました。それが日本人社長の噂になってどんどん仕事が舞い込むように。それはそれで楽しかったのですが、一生の仕事にするのは違うかなと。

【田原】大学をやめた後、世界各地を2年放浪してアメリカに行った。アメリカでは何をしていたのですか。

【國光】カリフォルニアのサンタモニカカレッジに通いながら、JSN(ジャパニーズ・スチューデント・ネットワーク)という団体の活動をしていました。海外では日本人のプレゼンスがまったくないので、お互いに助け合ってプレゼンスを築いていこうという団体です。

田原総一朗
1934年滋賀県生まれ。県立彦根東高校卒。早稲田大学文学部を卒業後、岩波映画製作所、テレビ東京を経てフリーに。幅広いメディアで評論活動を展開。

あわせて読みたい

「gumi」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  6. 6

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  7. 7

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  8. 8

    日本は中国に毅然たる態度で臨め

    野田佳彦

  9. 9

    監視されてる? リモート疲れ限界

    NEWSポストセブン

  10. 10

    就職に不利 日本で進む博士離れ

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。