記事

【読書感想】「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

1/2
リンク先を見る 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
内容紹介

「ヤマトがあったから僕はアニメを見続けることができた」――庵野秀明(監督・プロデューサー、2008年・西崎義展との対談より)

日本アニメの金字塔「宇宙戦艦ヤマト」が誕生してから40年以上になる。生みの親であるプロデューサー西崎義展(1934ー2010)はすべてにおいて「特異な男」だった。交流をもった者は誰もが彼を「悪党」と評しながらも、そこには深い愛憎が見てとれる。いまや世界の文化である日本アニメを語るうえで無視することができない西崎義展の存在を、その大いなる成功と挫折から綿密に描く初の本格的ノンフィクション

「宇宙戦艦ヤマト」のプロデューサー・西崎義展が、遊泳のため訪れていた小笠原・父島で船上から海へ転落。午後二時五八分、死亡が確認された―。

平成二二(二〇一〇)年一一月七日、その夜半にもたらされた一報に首をかしげる関係者は少なくなかった。

「もしや西崎は消されたのではないか。あの男はそれだけの恨みを買っている」

またたく間に、本気ともブラックジョークともつかぬ他殺説が世間に流布されていった。(「序章」より)

 2010年11月に、西崎さんの訃報が伝えられましたが、僕はそれを知って、「なんで、プロデューサーの死が、こんなに大きく報道されるのだろう?」と、ちょっと疑問だったのですよね。

 西崎さんのことは、松本零士さんとの「『宇宙戦艦ヤマト』は誰のものか裁判」で話題になったときに名前を耳にしたくらいで、「いまさら『ヤマト』にこんなにこだわっても、そんなに良い事あるのかねえ」なんて思っていました。
 西崎は作家気質のプロデューサーだっただけでなく、勝負勘に秀でた興行師でもある。初の映画公開では、捨て身の一発勝負にもひるまない大胆さを発揮した。映画には素人同然の個人プロデューサーが一流スタッフ陣を束ね、悪戦苦闘して作り上げた未知のオリジナル作品を世に問う。――このチャレンジストーリーには、それだけで時代を越えた痛快さがある。しかも西崎は制作費を全額自己出資するという大リスクを負っていた。映画が当たれば利益は総取り、外せば身の破滅という大博打である。はたから見れば、これほど面白いドラマはない。
 一躍ヒーローとなった西崎は、他殺説がまかり通るほどの無頼なイメージそのままに、儲けた大金を気前よく吐き出した。豪華クルーザー、高級外車、銀座の高級クラブ、そして数えきれぬほどの愛人たち――。常識外の派手な私生活でも西崎は世間の耳目を集めた。

 この本を読んで、『宇宙戦艦ヤマト』というのは、アニメ界、いや日本の映画界に大きな影響を与えた作品であり、西崎さんというのは、「日本では数少ない、自分で身銭を切って作品をつくって勝負する、独立したプロデューサーだった」ということを知りました。

 そして、仕事においても、プライベートでも、とにかく「破格」というか「とんでもない」人だったということも。

 この間、吉田は西崎の金銭感覚について忘れがたい側面を見ている。断っておくが吉田が忘れがたいのは浪費という意味ではない。その反対でケチ、あるいは倹約家という意味合いである。

 吉田は西崎に声優プロダクションとの交渉を任された時期がある。予算が1000万円だとすると、ようやくその範囲で収め、ほっとしたところに西崎からお呼びがかかった。

「吉田、ご苦労。だいたい決まったらしいな」

「はい、なんとか1000万円で収めました」

「それをな、もうひとひねりしてくれ」

「えっ、ひとひねりってなんですか」

「800万で収めてくれ」

 ここまで値切りに値切ってきた吉田にしてみれば、たまったものではない。再交渉の末、疲れ果てた吉田は西崎に報告する。

「すいません、どうしても800万にはなりません。今ようやく890万円まで落としましたが」

「いやご苦労、それでいい。でも俺が言ったおかげで110万節約できた。その金で銀座へ飲みに行こう」

 出かけた先は、二人で最低60万円はかかる高級店だった。

「西崎ってのは悪い野郎だね。でも俺はそういうやり方が面白いと思った。悪知恵を使ってでも図太く生き残る戦国時代みたいでね」(吉田)

 ある高名なアニメーター引き抜きの際も西崎は吉田を困惑させた。

「外車買えるくらいの金を出すから、こっちへ引っ張ってこいよ」

 吉田は間に立って交渉し、引き抜きに成功した。西崎は初めてそこで金額を明かす。

「あいつのギャラはこれだ」
「そんなんじゃ外車なんか買えないじゃないか」

「外車の新車って言った覚えはない。中古車なら買えるだろう」

 こうなると悪知恵というより頓知話になる。ただし西崎は冗談でなくこうしたケチぶりを発揮することがある。正確に言えば究極の値切りだろう。言い値は豪気でも、払う段になると手のひらを返して渋くなる。特に後年は銀座の飲み代もずいぶん値切ったというし、クルーザー代金の未払いで大損をさせられた業者もいる。

 それ、銀座で一晩に使うんだったら、声優さんに払ってあげてよ……

 「普通のひと」だったら、そうするはずです。

 1000万円で「ようやく収まった」ものを、さらに890万(この数字のキリの悪さがまた、リアルなんですよね……)まで値切ったのに。

 ギャラが下がって悲しんでいる声優さんもいるはずなのに。

 こういう「うさんくさいエピソード」が、この本には満載なのです。

 強引で、人をひきつける魅力はあり、自分がこだわっている部分には妥協しない。

 その一方で、土壇場になって、ついてきた人を裏切ったり、約束を守らなかったり。

 「山師」だとしか言いようがないのだけれど、それでもこの人は『宇宙戦艦ヤマト』シリーズを作り続けることができたし、複数の愛人をとっかえひっかえしていた。

 この本を読むと、『宇宙戦艦ヤマト』とくに『さらば宇宙戦艦ヤマト』が、こんなにも大ヒットした映画だったのか、と驚かされます。

 このオリジナルアニメの大ヒットは、映画界を変えていくことになりました。

あわせて読みたい

「アニメ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「インチキはいつか必ずバレる」熱海土石流は人災か

    毒蝮三太夫

    07月29日 08:08

  2. 2

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  3. 3

    集団免疫得られるワクチン接種率、70%程度では難しい=尾身会長

    ロイター

    07月29日 12:55

  4. 4

    小池都知事“一人暮らしは自宅を病床に”発言に「一人で死ねってこと?」と怒り爆発

    女性自身

    07月29日 11:27

  5. 5

    五輪報道に「手のひら返し」と批判も オリンピックに沸くテレビ・新聞の報道

    ABEMA TIMES

    07月29日 09:54

  6. 6

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  7. 7

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  8. 8

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  9. 9

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  10. 10

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。