記事

大阪組が松野頼久代表を申請者にして、維新の党の政党交付金を受領。これは詐欺・横領の可能性あり!



 2015年10月20日、総務省から維新の党に政党交付金の今期3カ月分、6億6619万円が振り込まれました。

 ところが、この振込口座の通帳と印鑑を、橋下大阪市長と松井大阪府知事が率いる大阪組が死守しているのだそうです。

おおさか維新の会「橋下氏は規約を読み込んで『絶対にいける』と確信して打って出た」←それが一番危ないw

橋下市長が「維新の党に勝てる!」という主張の根拠が、全く関係ない監獄法に関する最高裁判例だった件w

画像を見る

 これを正当化する根拠として、橋下氏ら大阪側は、

「2015年9月末日をもって、松野頼久氏ら維新の党執行部の任期は切れており、執行部は現在は空席だ」

と主張しています。

画像を見る

 だからといって、大阪組に政党交付金の受領権限が生じるわけでもないのですが、現在、6億円余りのこの交付金を大阪組が管理する事態となっています。

 もし、大阪組に受領権限、管理権限があるとならないと、自己の占有する他人の物を

「業務上横領」

しているということになりかねません。

業務上横領罪

第253条  業務上自己の占有する他人の物を横領した者は、十年以下の懲役に処する。
画像を見る

 ところが、大阪組はこの政党交付金を、10月6日に総務省に交付申請したのですが、その際、申請者を

「松野頼久」

としていることが判明しました。

 これは、大阪組の主張と自己矛盾していますし、それ以上に非常にまずいことになります。

 なぜなら、大阪組が10月1日以降、松野頼久議員が代表ではないとするのであれば、これは総務省をだまして財物を取ったことになるので、

「詐欺罪」

にあたる可能性があるからです。

詐欺罪

刑法第246条 人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。

画像を見る

2015年10月20日、記者会見した維新の党の松野頼久代表。そりゃ、笑うわな。

 現金6億6千万円もの業務上横領罪とか詐欺罪とかいうことになると、まず実刑は免れません。

 しかも、政党交付金となると、その相手が国ですからね。国民の血税から拠出された、それも民主制の要である政党の維持・運営のためのお金をガメてしまっていたとなると、これは非常に犯情がよろしくないです。

 松野議員が代表だということになると、大阪組は権限がないのにこの大金を自分たちのものにしてしまっていることになるので、業務上横領罪の可能性。

 もし、松野議員が代表者じゃないと思っているのなら、詐欺罪の可能性。

  大阪維新、進退窮まりましたね。

画像を見る

 はい、皆さん、ご一緒に。

「お金にガメツイ人はじきに消滅する」(完)

画像を見る

橋下市長が「金にガメツイ人は消滅する」←政務費を他の目的に一番流用してきたのは大阪維新の会です。

そもそも、大阪維新が維新の党の通帳と印鑑を保管している時点で、横領成立の可能性があるのです。

しかも、交付金を申請しちゃって、お金も受領してしまいました。

これは維新の党執行部に土下座して謝って、一刻も早くお金を返して許してもらうしかないと思いますよ。

それを踏まえて見ると、橋下市長の維新の党は解散して政党交付金は返還しようという提案は、追い詰められたからこその発言と言うまた別の解釈ができます

あわせて読みたい

「橋下徹」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「ガイアの夜明け」にねつ造疑惑

    和田政宗

  2. 2

    ミス誘ういきなりステーキの卓上

    かさこ

  3. 3

    高樹氏 田口逮捕でマスコミ批判

    BLOGOS編集部

  4. 4

    築地の次は青山霊園を移転せよ

    毒蝮三太夫

  5. 5

    トランプ氏が羽田に着陸する意義

    天木直人

  6. 6

    新ふるさと納税で還元率100%も

    NEWSポストセブン

  7. 7

    早朝4時に吉野家 離れられぬ東京

    内藤忍

  8. 8

    慰安婦映画への陳腐な批判に呆れ

    古谷経衡

  9. 9

    失念で済まない山尾氏の無断渡航

    和田政宗

  10. 10

    大阪・西成に響く労働者の怒号

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。