記事

スターバックス、いよいよイタリアへ?

イタリア有力紙が「スターバックス、イタリアに進出」と報じたことが話題になっています。

世界に2万店を誇る同社が、まだイタリアに無かったこと自体が驚きと捉える人も多いかもしれませんが、この話は業界内では有名で、創業者のハワードシュルツ(厳密には創業者ではありません。ゼロックスのサラリーマンだったシュルツさんが、味に惚れてオーナーから買収し、多店舗化しました)がいつ決断をするのかが注目されてきました。

出店に二の足を踏んでいた理由は、イタリアには美味しいエスプレッソを提供するバールが至る所にあり、受け入れられないのではないかと心配をしていたことがあげられています。失敗して赤字になったり、撤退をしたりするようなことになれば、「やっぱりスタバは偽のエスプレッソだ」とレッテルを張られてしまう可能性もあります。私もシュルツさんに「いつかイタリアに出店するのですか?」と聞いたことがありますが、明確な答えは得られませんでした。

しかし、ここにきて勝負に出る決心をしたのは、スターバックスブランドの集大成を考えてのことかもしれません。シュルツさんは62歳。一度CEOを引退して、業績の悪化により再登板した経緯がありますが(当時は政治家になる為だったという話もあります)、米国的に考えればいつリタイアをしてもおかしくない年齢です。

私がスペシャルティコーヒーに惹かれた理由の一つは、子どもの頃から実現したいと考えていた「様々な国の文化の懸け橋」を体現していると感じたからです。

コーヒー豆はアフリカのエチオピア生まれ。
それが世界各国に渡って、トルコではターキッシュコーヒー、フランスではカフェオレ、アイルランドではアイリッシュコーヒー、ブラジルではカフェジーニョ、ベトナムではベトナムコーヒー・・・そしてイタリアでエスプレッソになりました。
それが、システマチックになって広がっていったのが所謂「スペシャルティコーヒー」なのです。

そういう意味でも、本当の集大成はスタバ(もしくは他のスペシャルティコーヒー店)がエチオピアに出店した時ではないかと考えています。

個人的にはそこまでシュルツさんに頑張って頂きたいと願っているのですが・・・(笑)

あわせて読みたい

「スターバックス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    天皇陛下の政治利用疑惑。都議選前夜に、宮内庁長官の発言は軽率と言う他ない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月25日 08:16

  2. 2

    <TBS「週刊さんまとマツコ」>悩みなき萬斎娘・野村彩也子アナに悩み相談させるのは残念

    メディアゴン

    06月25日 09:00

  3. 3

    金融資産1億円はもはや「富裕層」ではない

    内藤忍

    06月25日 11:24

  4. 4

    「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

    女性自身

    06月25日 08:32

  5. 5

    反ワクチン派への否定に医師「長期的な副作用は不明であることを念頭に置くべき」

    中村ゆきつぐ

    06月25日 08:57

  6. 6

    NHK「たけしのその時カメラは回っていた」予定調和の気持ち悪さ

    メディアゴン

    06月25日 08:27

  7. 7

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  8. 8

    ワクチン予約サイトの「.com」運用に疑問 行政はトップレベルドメインで信頼性担保を

    赤木智弘

    06月25日 10:24

  9. 9

    【Amazon Go】、レジなしコンビニが次々に臨時休業!4店減らし22店も6店が休業の訳?

    後藤文俊

    06月25日 08:42

  10. 10

    NYT「中国製ワクチンには効果が無い」と指摘 接種国で感染状況が悪化

    ABEMA TIMES

    06月24日 15:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。