記事

シリア情勢

シリア情勢につき、断片的なるも次の通り

・トルコ首相は、トルコ機が撃墜したドローンはロシア製であると確認した(これまでは米国筋がロシア製と言及していただけ)
然し、同首相は、ロシアはその運用にかかわるものではない、とトルコ政府に通告した由
(要するにロシアのドローンであったがアサド政府の運用、ということでお互いに政治的に解決したいのだろうと思われる)
・(しかし、ロシア空軍がトルコ国境に近いアレッポで作戦している以上、今後ともこの種事件が発生することは避けられないと思われ、事実)シリア反政府軍は、アレッポ南部近郊でロシアのドローンが活動しているのを、撃墜したと発表した
(下記のal jazeera net はロシアンドローンと称する物の写真を掲載しているところ、素人では果たしてそれが、アレッポ近郊で撃墜されたロシアのドローンか否か、判断しかねるので、掲載していません。関心の向きは下記ネットを直接ご覧ください9
http://www.alquds.co.uk/?p=420686
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2015/10/19/المعارضة-تسقط-طائرة-استطلاع-روسية-بحلب

・政府軍、ヒズボッラー、イラン兵、民兵はアレッポの南部のkhan touman 近辺の3の丘を、ヌスラ戦線との激しい戦闘ののちに奪取した。
・他方アレッポのbeni zid 地区では、政府軍と民兵対反政府軍の戦いが再開した。
同じくアレッポのサラハッディーン地区でも戦闘が再開した。
反政府軍は政府軍の攻撃に、米製のTOW対戦車ミサイルで対抗している。
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2015/10/19/قوات-النظام-تتقدم-مجدداً-في-ريف-حلب-وتسيطرعلى-3-تلال-.html

・政府軍機は、ダマスでヤルム―クキャンプ、hajar al aswad 地区等を樽爆弾で空爆した。
又ゴータのダリヤには17発の樽爆弾が投下された
(そう言えば、買ってこのダリヤを巡って、激しい戦闘があり、同市は政府軍に包囲されていると報じられていましたが、今でも包囲されているんでしょうか?)
・政府軍機はその他ダラアやクネイトラに対しても攻撃した
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2015/10/19/براميل-الأسد-المتفجرة-تمطر-المناطق-السورية.html

あわせて読みたい

「シリア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  3. 3

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  7. 7

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  9. 9

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  10. 10

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。