記事

自衛隊観艦式2015

リンク先を見る
(護衛艦くらまの前で。)

 平成27年度の自衛隊観艦式に参加しました。横須賀地方総監部から、護衛艦くらまに乗艦。

 観艦式は、部隊の士­気を高め、国内外に自衛隊の精強さをアピールすることや、国際親善、防衛交流を促進­し、国民に自衛隊への理解を深めてもらうためのものです。

 起源は1341年、英仏戦争のとき、英国王エドワード3世が自ら艦隊を率いて出撃する­際に、その威容を観閲したことが始まりだそうです。

リンク先を見る
(くらまの艦橋から見た受閲艦。)

 日本では明治元年、天皇陛下をお迎えし、大阪天保山沖で実施されたものが始めてで、当­時は「観兵式」と呼ばれていました。

 「観艦式」と初めて呼ばれたのは、第4回にあたる­明治33年の神戸沖で行われた大演習観艦式です。

 戦後、海上自衛隊では昭和31年に「自衛隊記念日」が定められ、翌32年に「自衛隊記念日行事­」の一環として観艦式が実施されました。

 今回の観艦式は28回目­です。晴天の下、日頃の訓練の成果を見せてもらいました。

 台風の影響で、海上にはうねりもありましたが、くらまのような大きな艦艇に乗っていると、さほどにも感じませんでした。くらまにはスタビライザーも装着しているとのことでした。

リンク先を見る
(潜水艦の訓練展示。)

 観艦式には、艦艇40隻と陸・海・空自衛隊航空機30機に加え、米国・インド・フランス・豪州・韓国の5カ国の軍艦も参加。

 韓国からは駆逐艦「大祚栄(デジョヨン)」が派遣されました。

 韓国艦艇が参加するのは2002年に続いて2回目。

 日本も1998年と2008年に韓国海軍の観艦式に参加していますので、日韓の関係改善のためには、とてもよいことだと思います。

 実際に20日には、ソウルで、日韓の国防大臣会合が開催されます。

 東アジアの安全保障には、米国の同盟国である日韓の協力は欠かせません。

 安倍内閣には、地に足の着いた現実的な外交・安全保障の努力を求めます。

リンク先を見る

あわせて読みたい

「海上自衛隊」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  3. 3

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  4. 4

    部下に怖いと思われるのは、「等身大の自分」を分かち合えていないから

    サイボウズ式

    07月29日 17:00

  5. 5

    太陽光発電を推進することは、国家安全保障上危険

    赤池 まさあき

    07月29日 10:12

  6. 6

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  7. 7

    菅首相 SNSでメダリストを祝福も感染爆発には“取材拒否”「総理辞めて」の大合唱

    女性自身

    07月29日 14:00

  8. 8

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  9. 9

    日本人の幸福度増加のピークは「年収1100万円」

    内藤忍

    07月29日 12:44

  10. 10

    集団免疫得られるワクチン接種率、70%程度では難しい=尾身会長

    ロイター

    07月29日 12:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。