記事

アングル:欧州排ガス浄化装置メーカー、VW問題が追い風に

[ロンドン 16日 ロイター] - 独フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>がディーゼル車で排ガス規制逃れに手を染めていた問題は、英ジョンソン・マッセイ<JMAT.L>や仏フォーレシア<EPED.PA>など排ガス浄化装置製造メーカーにとって追い風になりそうだ。今回の問題をきっかけに排ガス規制が強化され、高性能な浄化機器への乗り換えが進むと予想されるため。

VWはスキャンダルの表面化以降に株価が40%下落したのに対して、排ガス浄化装置メーカーは9月下旬から15─27%上昇した。VWの修理対象車は最大1100万台に上る。

レドメーン・ベントレーのインベストメントマネジャーのデービッド・バッタースビー氏は「VWの問題は自動車部品メーカーの一角にとって明るい兆しになるかもしれない。自動車メーカー向けの高機能な排ガス浄化機器の販売が増えるからだ」と説明。「ジョンソン・マッセイにはチャンスがある。当社は12日からの週に同社株への投資を増やし、数日以内の買い増しを計画している」と述べた。

イタリアの証券会社によると、VW問題で排ガス浄化技術を厚くする必要が生じる見通しで、こうした技術を保有するジョンソン・マッセイ、独エルリングクリンガー<ZILGn.DE>、仏バレオ<VLOF.PA>、フォーレシア、ベルギーのユミコア<UMI.BR>などの企業が長期的に恩恵を受けそうだという。

排ガス浄化装置メーカーの株価はさらに上昇を続ける公算が大きい。ジョンソン・マッセイの投資判断を「買い」としているHSBCはノートで、VWのスキャンダルや「実走行による排ガス試験(RDE)」導入の動きは排ガス浄化装置メーカーにとって概ねプラスの材料だと指摘。規制強化で自動車メーカーは新型で強力な触媒装置をこれまで以上に多く使わざるを得なくなるとした。

クレディ・スイスも原材料技術・リサイクルのユミコアの株価目標を43ユーロから45ユーロへ引き上げ、投資評価を「アウトパフォーム」とした。

トムソン・ロイターのデータによると、調査対象のアナリスト13人全員がユミコムの投資判断を「ホールド」から「ストロング・バイ」とし、「売り」推奨は皆無だった。

欧州連合(EU)の欧州委員会は排ガス規制の強化を目指しており、当局者は最近、窒素酸化物(NOx)を対象としたRDE導入計画をめぐる行き詰まりを打開すべく会合を持った。新たなNOx試験は来年初めに導入される見通し。

一部の触媒コンバーターの主要材料であるプラチナの値下がりも排ガス浄化機器メーカーの利益率改善につながると予想されている。

プラチナ価格<XPT=>は供給過剰、VW問題を受けたディーゼル車向け需要の減退などへの懸念から、過去15カ月間に33%下落した。

もっともHSBCのリポートによると、トランスポート・アンド・エンバイロンメント・グループのコンサルタント、グレッグ・アーチャー氏は、ディーゼル車は燃費の良さ、二酸化炭素排出量の少なさ、商用車部門などでの強みなどから、欧州市場から姿を消すことはないとみている。

(Atul Prakash記者)

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  5. 5

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  7. 7

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  8. 8

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  9. 9

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  10. 10

    移動しなくても良い新しい社会

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。