記事

正しい知識でがんを防ぐ 子どもたちに必要な「がん教育」とは

日本では今、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで亡くなるといわれている。未来ある子どもたちにがんの正しい知識を教えることは、子どもたちの命を守るためにも必要不可欠だ。ベネッセ教育情報サイトでは、「がん教育」の第一人者でもある、東京大学医学部准教授の中川恵一氏に話を伺った。

***

人間の体は、約60兆個の細胞からできています。これら細胞の一部は、毎日分裂と増殖を繰り返しています。各細胞は、細胞の設計図である遺伝子をコピーして増えますが、 中にはコピーミスによって、遺伝子の突然変異が起こる場合があります。これが「がん細胞」です。がんは高齢になるほどかかりやすいと考えられており、世界一の長寿国である日本は、がんにかかる可能性が高い人が世界一多いといえます。

現在の日本では、2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで亡くなるのが現状で、患者数は年々増加しています。先進国の中でがんが増え続けているのは日本だけです。欧米では、正しいがんの知識を子どもたちに教えて、予防や早期発見につなげるための「がん教育」が始まっていますが、日本ではまだまだ。このことも、がん発症率を増加させる原因の一つになっていると考えられます。

がんは、ちょっとした知識で死亡率を下げられます。たとえば、生活習慣の改善で防げる可能性が高まります。また現代医学では、早期がんなら9割以上が治癒できるのです。早期に見つけることが重要で、そのためには健康な時に検診を受けることが望まれます。欧米では7~8割が検診を受けていますが、日本は2~3割程度にとどまっており、がんや検診について学校で習っていないことも一因ではないかと考えられます。

がんは、正しい知識を持てば、かかる確率も死亡率も下げることができます。子どもの未来を守るためにも、命を守る「がん教育」に取り組むことを望んでいます。

あわせて読みたい

「がん」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  3. 3

    将来的に車検で印紙払いが廃止 キャッシュレス払いによる一括払いにも対応

    河野太郎

    07月23日 21:36

  4. 4

    累計8700億円「日本一レコードを売った男」酒井政利氏の〝武勇伝〟

    渡邉裕二

    07月23日 13:02

  5. 5

    「BTSって誰?」今さら知らないとは言えないので、初心者が通ぶれる小ネタ集めてみた

    放送作家の徹夜は2日まで

    07月23日 08:07

  6. 6

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  7. 7

    東京2020オリンピック競技大会の開幕にあたって

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    07月23日 17:52

  8. 8

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  9. 9

    電通・博報堂の価値観のままで、オリパラを乗り切れるか

    篠田 英朗

    07月22日 12:16

  10. 10

    「飲食店いじめ」「五輪強行」に思うこと 経済財政でも「金メダル」を目指せ

    わたなべ美樹

    07月23日 13:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。