記事

東京五輪は大丈夫? 「宿泊・飲食サービス業」のブラックぶりが厚労省の調査で明らかに

訪日する外国人が増加中だ。日本政府観光局の発表によると、今年8月時点の訪日外国人数は前年比49.1%増の1287万人。この調子が続ければ今年度は1900万人を突破し、政府が2016年までの目標に掲げる2000万人を前倒しで達成する可能性もある。

2020年の東京五輪を控え、今後も訪日外国人数は増加するだろう。旅行者が利用する施設の筆頭はホテルや飲食店。人材需要の増大が見込まれるが、就労実態は依然として厳しい。10月15日に厚生労働省が公表した「就労条件総合調査」を見ると、多くの項目で「宿泊業、飲食サービス業」がワースト1位となっているのだ。

労働時間の長さも休みの少なさも「ワースト1位」

まず目に付くのは「週所定労働時間」の長さ。全企業の平均は39時間26分だが、「宿泊業、飲食サービス業」は40時間17分と最も長く、唯一の40時間超えとなっている。

労働時間が長いにもかかわらず、勤務日数も多い。年間休日総数の平均が107.5日のところ、95.3日とここでもワーストに。平均よりも12日少なく、休日が120日超えの「情報通信業」や「金融業、保険業」と比べると25日近い差が開く。

有給休暇の取得率もワースト1位。平均が47.6%のところ32.2%しか消化できていない。さらには所定内賃金が「生活関連サービス業・娯楽業」の25万6077円に次ぐ25万7528円でワースト2位。最下位との差は、1500円足らずでしかない。

こういった労働環境のせいか、2014年の1年間の離職率の中で「宿泊業、飲食サービス業」は31.4%と最も高い。新卒学生の離職率はさらに深刻で、2011年3月に卒業した学生のうち3年以内に離職してしまった人の割合は52.3%にのぼったという。

訪日外国人に心のこもった「おもてなし」をするためには、建物などのハード面もさることながら、サービス業の従業員の労働環境を整えることも重要ではないだろうか。

あわせてよみたい:就活対策には「ビジネスホテルでのアルバイト」が最適

 

関連記事

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  3. 3

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  4. 4

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  5. 5

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  6. 6

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  7. 7

    「"おじさん構文"でも大丈夫」部下とのLINEが苦手な人がやるべき"シンプルな解決策"

    PRESIDENT Online

    07月31日 09:40

  8. 8

    「彼らを誇りに思う」アイリスオーヤマ会長が感激した"クビ覚悟"という社員の行動

    PRESIDENT Online

    07月31日 14:54

  9. 9

    全国の新規感染者が1万2000人超、4日連続で過去最多

    ABEMA TIMES

    07月31日 20:13

  10. 10

    第4波から何も学ばなかった政府 リーダーは意思とメッセージを明確にせよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月31日 08:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。