記事

世界食料デーとTABLE FOR TWO

皆さんは、国際デーをご存知でしょうか。

国連が、テーマを設定し、国際社会の関心喚起と取組促進のために制定している日です。

昨日はその1つ、世界食料デーでした。

世界の食料問題を考える日として1981年に始まったもので、「すべての人に食料を」行きわたらせ、栄養不良や飢餓、極度の貧困を解決していくことを目的にしています。

日本をはじめ世界各国でイベントが行われ、ハンガー・ゼロが訴えられていますが、テーマはそれだけではありません。

食に関しては、「手に入らない・食べられない」とは正反対の、「捨てている・食べ過ぎている」という正反対の問題もあります。

発展途上国で1分間に17人飢餓で亡くなっている一方、OECD諸国等では肥満による慢性疾患で多くの命が失われています(日本では総合的な肥満対策を講じれば死者を年間15万5千人減らせると言われています)。

また、国連食糧農業機関(FAO)によると、1年間でムダになる食品は約13億トンで、食用として作られたうちの約30%にもなるとのこと。

いつの時代もヒト・モノ・カネは、「偏在」してしまい、「遍在」させることが非常に難しいと痛感させられます。

しかし、それを解決するために色々な団体が様々なアクションを起こしています。私も理事を務めさせて頂いているTABLE FOR TWO(TFT)もその一つです。

このNPOでは、ヘルシーな食事をとることで自動的に開発途上国の子どもへ学校給食をプレゼントできるプログラムを行っており、肥満と飢餓の解消に同時に取り組んでいます。

2007年の創設以来、このイニシアティブへの参加企業・団体数は順調に増え、現在は650を突破しています。また、海外にも広がり、12か国で活動を展開しています。これまでに贈られたのは3558万3077食にもなります!

そんなTFTのキャンペーンが、世界食料デーにあわせて昨日から始まっています。

「100万人のいただきます!」という、TFTヘルシーメニューを食べるだけで、餓えに苦しむ開発途上国の小学校に給食が1食届けられるもので、11月30日までに100万食プレゼントすることを目指しています。

皆さんにも、是非ご参加頂ければと思います。カロリーオフなヘルシーメニューを食べて、世界のこどもに食事を届けましょう!あなたの1食が、「二人の食卓」になります!

あわせて読みたい

「食糧問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅直人・元総理から維新へ突然の宣戦布告!とりあえずその勘違いを正す

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月20日 09:29

  2. 2

    「こんなの三越じゃない」11期連続赤字の地方店が仕掛けた"前代未聞のデパ地下"の狙い

    PRESIDENT Online

    01月20日 09:00

  3. 3

    コロナ問題の整理 あくまで感染症は致死率で考えよう

    中村ゆきつぐ

    01月20日 09:14

  4. 4

    <『M-1』の漫才論争>オズワルドの錦鯉に対する敗北が、『M-1』を競技漫才化させる理由

    メディアゴン

    01月20日 09:40

  5. 5

    西村知美 心の叫び綴った娘の日記をテレビで暴露も「ゾッとする」「可哀想」と物議

    女性自身

    01月20日 16:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。