記事

​【後編】重大事故、トレーナーだけの責任なのか? いまだ立ち遅れる脳しんとうへの理解。岡田瞳×熊崎昌対談  

1/2

前回に引き続き、岡田瞳さん・熊崎昌さんという専門家のお二人に、脳しんとうについての知見を提供していただきました。

>>【前編】なぜ脳しんとうは過小評価されるのか? いまだ立ち遅れる脳しんとうへの理解 岡田瞳×熊崎昌対談

――お二方は、なぜ日本でまだここまで脳しんとうに関する理解が深まっていないのだとお考えですか?
 
岡田 例えば足関節の捻挫であれば選手は痛がりますし、患部は腫れます。症状が明らかで、わかりやすいですよね。しかし脳しんとうの場合、目に見える明らかな変化がなく、多少クラクラしたり、ふらついたりしても、時間の経過とともに消失してしまったりして、危険視されにくいのかもしれません。
 
スポーツ以外でも、子どもが遊んでいて誰かとぶつかったり、転んで頭を打ったりというケースはあると思います。日常でも起こり、経験されてきたことなので、競技中に頭を打っても今さら重篤なものと思われないのかもしれません。精神的な問題と誤解されたこともあります。やはり他の外傷・障害と比べると、客観的に見える症状として分かりにくいところが影響しているのかなと思います。
 
サッカー界に関しては、先ほどもありましたが、報告されていない、あるいは認識されていないだけで、実は脳しんとうの発生率は高いと。それは現場での脳しんとうへの理解度がまだまだということですし、今後改善していかなければならない部分だと思います。
 
熊崎 今の話と似たような話になりますが、どうしてそのように受け取られてしまうかという点で、一つの理由として脳しんとうに関しての研究がまだまだ少ないということもあると思います。
 
研究論文もこの10年くらいですごく増えてきて、研究として発展し始めたと思います。例えば前十字靭帯損傷はサッカーでもよくあるケガだと思いますけど、今では手術の方法やリハビリも確立され「このくらいの時期に復帰ができる」もしくは「この場合は手術した方がいい」「こういう症状がある時は前十字靭帯を疑うべき」「こんなトレーニングしたら予防できる」ってことが非常に明確になってきたと思います。
 
しかし脳しんとうに関しては、まだまだ研究が進んでいないというのが現状だと思います。実際に、脳しんとうで現れる様々な症状のメカニズムは実は結構不明確なんですよ。そういった状況の中で、われわれみたいなトレーナーのような立場としても、明確なことを言えない。「こういう状況だから必ずこうすべきだ」っていうトレーナーとしての判断基準は、なかなかまだ線引きできていないのが現状です。結果、それを受け取る側として「よくわからないからいいや」「そんなのでケガって言われても困る」ということが起きてしまうのではないかなと思います。
 
――なるほど。ということは、脳しんとうっていう言葉自体が新しい単語なんですか?
 
熊崎 Concussionという単語自体は、比較的昔からあったと思います。でも、先ほどお話ししたような脳しんとうの定義自体は、2000年ごろにやっと明確にされたというものなので、そういった意味ではまだまだケガの一つとしては新しい概念なのかなとは思います。脳しんとうに似たような言葉は、昔からあったと思います。指導者だったり、研究者だったり、ドクターだったり、それぞれの立場であいまいな基準でなんとなく脳しんとうって言葉が使われていたなかで、ハッキリしたのはここ20年くらいかなと私は考えています。
 
岡田 受傷後の対処という観点から見ると、例えば捻挫をしたり骨折をしたりして整形外科を受診すると、画像検査をして固定したり、リハビリを指示されたりと、何らの対処がなされるわけですね。しかし脳しんとうの疑いを持って受診させても、「画像を撮らなくても大丈夫だろう」と言われることもあります。画像を撮った後に、「何もないから大丈夫」と言われてしまうこともあります。救急指定病院を受診させて、「この程度で連れて来なくても」と言われたこともありました。
 
やはりスポーツ傷害にそれほど特化していない環境では、その科で扱う病気やケガに比べると、軽視されてしまう部分もあると思います。そうすると、選手や保護者の方々はドクターの意見を信じますから、「もう大丈夫」「今すぐプレー復帰できそうだ」と思ってしまうんですね。トレーナーとしては、少し難しい状況に置かれてしまうわけです。
 
熊崎 私は高校生などの学生スポーツでトレーナー活動をすることが多かったですが、フルタイムで契約しているわけではないため病院までついていくことができず、本人と親御さんで脳神経外科のある病院に行ってもらうこともあります。
 
日曜日の試合で頭を打って「この後に何かあっても困るので、とりあえず今日中に脳神経外科で診断を受けた方がいいな」ということで、お母さんと選手で行ってもらったら「何も写らなかったし、軽い脳しんとうだから1日休んで明日からやっていいんじゃないの」って言われましたと報告されることはありますね。
 
お母さんは「お医者さんがそう言ったのだからいいんじゃないの」ってなりますし、選手もそうですよね。そういった意味では、まだまだトレーナーとか指導者に限らず、社会全体として脳しんとうの認知度は低いのかなと思います。
 
――そのお話に関連してなのですが、いわゆる“セカンドインパクト症候群”(脳しんとうを起こした後、短期間に二度目の衝撃を受けることで重篤な症状に陥ること)という言葉は今でも使われているのですか?
 
熊崎 セカンドインパクトシンドロームという言葉はあります。ただ、本当に厳格な意味で「これがセカンドインパクトシンドロームです」っていうのはよくわかっていません。広い定義としては、脳しんとうやそれに類似した症状が頭部に衝撃が加わったのち、初回のダメージから完全に治っていない状態でまた同じような衝撃を受けてしまう。すると、その2回目にはより大きな症状として現れてきたり、場合によっては脳しんとうを超えた重篤な問題に変わっていってしまう……というのがセカンドインパクトシンドロームだと言われていると思います。
 
ただ、セカンドインパクトというと、『その練習もしくは試合内で2回目』と誤解もされたと思います。その結果、翌日だから大丈夫とか、早期復帰の判断につながってしまうのも非常に怖いと思いますので、私はセカンドインパクトシンドロームを広い意味で捉えたいなと考えています。
 
広い意味でのセカンドインパクトというものは、実はスポーツ現場でよく見かけることなのではないかと思います。症状が消失していない段階で無理矢理復帰をさせてしまう、本人の意志に任せてプレーを継続させてしまった結果、同じような衝撃で今度は脳しんとうの症状が大きくなってしまった、簡単にプレー復帰できないくらいの状態になってしまう、ということは起こりうると思います。だからこそ、国際的なガイドラインに沿って十分な回復期間を設けた上で復帰させていくべきだなと思いますし、どのスポーツであってもそうあってほしいと思います。

あわせて読みたい

「スポーツ」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  4. 4

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  5. 5

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  6. 6

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  7. 7

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  9. 9

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  10. 10

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。