記事

【寄稿】イラク最古の修道院から見る「イスラム国」

イラクのクルド族が居住する地域の山腹に、4世紀に設立された聖マタイ修道院が建っている。まばらに生えるオリーブの木の間を風が吹き抜けていく道の終わりに建つその建物は、キリスト教の黎明(れいめい)期に社会から離れてここで暮らした隠修士の名前を冠したイラク最古の修道院だ。

 ここからわずか3キロほど離れた場所には過激派組織「イスラム国(IS)」の部隊が控えている。天気が良ければ、約20キロ先で本拠地モスルを守るISの前線部隊も見える。アルファフ山の上に石を切り出して造られた広大な修道院の中庭には、キリスト教迫害から逃れてモスルからやっててきた2家族が暮らしている。

 修道院に現在住んでいる修道士は4人。建物に並んだ空き部屋の数から判断すると、数十人が暮らせるはずだ。だが、残っているのは4人だけだ。ドキュメンタリー映画の撮影クルーに同行していた私は修道士から話を聞いた。

 私たちは過激派組織「イスラム国(IS)」と、その不可解な残忍性について話した。

 司教を代弁する役割を担っている40歳前後の快活な修道士、ラバン・ヨシフさんはこう口を開いた。「もちろん、私たちはペルシャ人、モンゴル人、アラブ人、トルコ人と過去に問題があった」。司教は紫色のサッシュを身につけているのでそれと分かるが、言葉を一切発しない。「だが、神の名のもとに戦っていると言いながら、その神を殺している、あれほど邪悪な男たちがこの地域にいたことはかつてない」とヨシフさんは言う。

 修道士たちは2014年6月にモスルが陥落したときのことを話してくれた。改宗か刀による死のどちらかを2、3時間以内に選択しなければならないと言われた「ナザレ派」の約300世帯の人々がパニック状態でこの修道院に押し寄せたこと。その2カ月後、ISがイラク最大のキリスト教都市カラコシュを掌握した際、住民たちはモスルの南にあった聖ベーナム修道院と同じようにジハーディストらによって修道院が破壊されると恐れたこと。そして、カラコシュに逃げていたナザレ派の人々が再び街を脱出したこと――。

 私はヨシフさんに尋ねた。「(ISの)無法者たちは勝てるだろうか。この土地がユーデンフライ(ユダヤ人がいない状態のこと)というだけでなく、キリスト教徒も排除された土地になる可能性はあるだろうか」と。

 ヨシフさんは躊躇せずにこう答えた。「はい。奇跡が起こらなければそうなる。どんな奇跡があればいいのか?それは、勇敢なクルド人戦闘員を強くするために、あなたがたの国が(イラクに)入ってくることだ。(クルド人戦闘員は)私たちを守ってくれているが、彼らだけでこのニネベ平野を救うことはできない」

 私は続けてヨシフさんに尋ねた。この土地を離れることを考えている信心深い人々にどんな言葉をかけるか。ヨシフさんはしばらく黙り込んだ後、こう答えた。

 「彼らを教え導くだろう。だが、選択は彼らに任せる。主イエス・キリストは自身の名のために、私たちが最後まで迫害されるだろうと言っていたではなかったか」

 そして私はヨシフさんにこう聞いた。状況次第でヨシフさんら修道士が住民たちの「脱出」に加わる可能性があると思うかと。

 ヨシフさんは質問が終わらないうちに「それはない」と答えた。「私たちは指導者だ。聖書にあるように、右も左もわきまえぬ、迷える信者が一人でも村に残っている限り、私たちは導くためにそこに行く」

 では、とんでもないことではあるが、もしもISがクルド人の戦線を突破し、修道院にやってきたらどうするのか。ヨシフさんは山の岩肌に掘ったトンネルを私たちに見せた。ここに入るのか?ヨシフさんは微笑んだ。

 「分からない。私たちの命と心は神の手の中にある。今、私たちはここにいる。そして私たちもまた神の歩哨だ」

 「私たち」という言葉の意味を明確にするかのように、ヨシフさんは私と撮影クルーの後についてきた武装した護衛役をジェスチャーで示した。私の心に哲学者スピノザの言葉が浮かんだ。「野蛮の極致」だ。同時に「キリスト教の極致」という一握りの人たちと、私は今一緒にいるのかもしれないという言いしれぬ不安感を覚えた。「キリスト教の極致」が数世紀におよぶ長い時間の間に分散するようなことになれば、地域や文明や世界にとって不吉な前兆をもたらすことになるだろう。 

(筆者のベルナ-ル=アンリ・レヴィ氏はフランスの哲学者で著作に2008年の『Left in Dark Times: A Stand Against the New Barbarism』がある。この寄稿文はもともとフランス語で書かれた)

By BERNARD-HENRI LÉVY

【関連記事】

あわせて読みたい

「IS(イスラム国)」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    天皇陛下の政治利用疑惑。都議選前夜に、宮内庁長官の発言は軽率と言う他ない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月25日 08:16

  2. 2

    <TBS「週刊さんまとマツコ」>悩みなき萬斎娘・野村彩也子アナに悩み相談させるのは残念

    メディアゴン

    06月25日 09:00

  3. 3

    金融資産1億円はもはや「富裕層」ではない

    内藤忍

    06月25日 11:24

  4. 4

    「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

    女性自身

    06月25日 08:32

  5. 5

    反ワクチン派への否定に医師「長期的な副作用は不明であることを念頭に置くべき」

    中村ゆきつぐ

    06月25日 08:57

  6. 6

    NHK「たけしのその時カメラは回っていた」予定調和の気持ち悪さ

    メディアゴン

    06月25日 08:27

  7. 7

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  8. 8

    ワクチン予約サイトの「.com」運用に疑問 行政はトップレベルドメインで信頼性担保を

    赤木智弘

    06月25日 10:24

  9. 9

    【Amazon Go】、レジなしコンビニが次々に臨時休業!4店減らし22店も6店が休業の訳?

    後藤文俊

    06月25日 08:42

  10. 10

    NYT「中国製ワクチンには効果が無い」と指摘 接種国で感染状況が悪化

    ABEMA TIMES

    06月24日 15:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。