記事

「パスポート没収事件」 裁判始まる

画像を見る

新たに発給された杉本さんのパスポートは渡航制限付きだ。「イラク、シリアを除く国と地域で有効」とある。

 シリアへの渡航を計画したために外務省からパスポートを没収されたフリーカメラマンが、国を相手取り、没収の取り消しと渡航制限の解除を求めた裁判が始まった。

 第1回口頭弁論がきょう、東京地裁で開かれた。原告は新潟在住のフリーカメラマン杉本祐一さん。

 事件はこうだ―

 杉本さんは今年2月、地元紙などにシリアへの渡航計画があることを明らかにした。

 新聞報道で知った外務省の職員が新潟県警の刑事を伴い杉本さん宅を訪れ、パスポートの返納を迫った。

 同行の刑事が逮捕をほのめかしたこともあり、杉本さんはやむなくパスポートを返納した。2月7日のことだ。

 訴えによると「(杉本さんが行こうとしていた地域はISの支配地域ではなく)身体や生命に危険がないことから、返納命令を出す要件(旅券法19条)はない」。

画像を見る

渡航制限のついたパスポートを持つ杉本さん。渡航制限のない本来のパスポートは外務省が保管している。=14日、東京地裁 写真:筆者=

 

パスポートの没収は移動の自由(憲法22条)、「表現の自由」(同21条)にも抵触する。

 被告・国の答弁が笑止だ ―

 「渡航を早める恐れがあった。知人宅に身を潜める恐れがあった」などとして「緊急にパスポートを没収する必要があった」としている。

 パスポートを没収されたのが2月7日。出発は27日。3週間後なのである。緊急性なんて みじん もない。

 原告の杉本さんは「出発まで3週間あったのだから聴聞だってできたはず」としている。

 パスポート没収は官邸の意向を汲んだものだったことも明らかになっている。

 「これは僕だけの問題ではない。(国民の)知る権利にも関わる。全ジャーナリストの問題でもある」。杉本さんは裁判で徹底的に争う姿勢を示した。

     ~終わり~

『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています

あわせて読みたい

「外務省旅券返納問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  4. 4

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  5. 5

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  6. 6

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  7. 7

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  8. 8

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  9. 9

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

  10. 10

    森喜朗元首相の「名誉最高顧問」就任案 五輪組織委員会の異常な優遇に疑問

    マガジン9

    07月28日 14:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。